今日の迷言・余言・禁言

「渡辺麻友」&「遊井亮子」の“共通点”

私が以前から主張している“興味深い事実”がある。ホロスコープにおける「太陽」と「月」との関係で“0度一体化”で産まれている人たちは“公私の生活も一体化”していくし、“180度で対冲”した時に産まれている人たちは“公私のバランス”に生涯苦しむ。その一例を5月31日で引退した元AKB48 渡辺麻友氏と、今年6歳年下ディレクターと結婚した女優の遊井亮子氏に観る。ふたりは、同じ日、ネット上をざわつかせた。一方は言うまでもなく元AKB48で2014年の“総選挙”では1位に輝いている。“浮いた噂”一つもなく、芸能界を去った。もう一方は「結婚して幸せだっていう人を見たことがない」と豪語していた女優だが、その言葉を発した番組のディレクターと、あっという間に結婚してしまい、その番組内で「今は幸せです」との報告をした。この一見、共通点が無さそうな二人なのだが、実は二人とも、その出生時において太陽と月とが180度で向かい合っている。太陽というのは、当たり前の話だが朝に上昇してきて夕方に沈む。われわれは普通その間に“社会・世間”と呼ばれるところで働いている。月というのはこれまた当たり前の話だが夕方から上昇してきて朝方に消える。つまり「昼の顔=太陽」と「夜の顔=月」という組み合わせだ。われわれが暮す地球は、この二つの天体があるお陰で存続している。われわれは普通「夜の顔」を家族とか恋人にしか見せない。つまりプライベートな顔だ。太陽と月とが180で産まれている人は、このバランスに苦労する。「昼の顔」にウエイトを掛けると「夜の顔」が“宙に浮き”、逆に「夜の顔」にウエイトを掛けると「昼の顔」が“宙に浮く”。だから、多くの場合、180度で産まれている人は“どちらか”を優先して、“どちらか”はその犠牲になってしまうことを覚悟している。おそらく、渡辺麻友氏も、遊井亮子氏も、そうやって生きて来たのだ。だから、渡辺氏は「恋愛は禁止だった」と言葉通りの生活を貫き、遊井氏は「結婚に拒絶的な」生活を貫いてきたのに違いない。ここに来て、その二人に変化が訪れる。「私生活」に重心を移し始めたのだ。そうすると、どうなるのかというと「社会生活」は“宙に浮く”。そうしないと上手くバランスを保てないのが、太陽と月とが180度の人達なのだ。もし、遊井氏が“家庭”も、“仕事”も、と考えているのなら、それは改めた方が良い。そうしてしまうと、必ず“家庭”を失ってしまうことになる。たまーに、ほんのたまーに出る程度…に留めておかないと、バランスが崩れていく。渡辺氏は多分それを感じ取っての“完全引退”なのだ。その方が良い。彼女には、他にも水星と土星の0度アスペクトがあって、これは仕事を突き詰めて考えてしまう人の特徴である。時として“うつになりやすい人”の特徴でもある。だから、そうなりそうなら仕事から離れる方が良い。そうして、恋愛にのめり込むが好い。そうすれば、少なくとも精神は崩壊しないで済むのだ。


最近の記事はこちら

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田桂一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

「アリサ」&「リン」が、お・も・て・な・し

今年は完全に「お・も・て・な・し」が“肩透かし”を食らった格好だが、我が日本の原点は奈良県。そこで…というわけでもないのだろうが、何故か奈良市の「近鉄大和西大寺駅」のホームに登場したのが四か国語を話す…続きを読む

事務所退所は「世界に挑む」ゴーサイン⁉

最近、芸能事務所を退所する芸能人が増えている。柴咲コウ、米倉涼子、栗山千明、長谷川潤、原千晶、菊池桃子、手越祐也…といった面々だ。さらに、昨日、ローラ氏と神田うの氏が加わった。どうして、今年に入って、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.