今日の迷言・余言・禁言

「濃くて長い眉」の子は親を継承する

どういう仕事でも、或る程度の年齢に達した親は、自分の子供が“同じ仕事・職業”を受け継ぐ形をとると、うれしくなるものらしい。俳優の藤岡弘氏が同じ道に進んだ息子との“ツ―ショット”を誇らしげに公式インスタグラムに掲げている。藤岡氏は“精悍な顔立ち”で知られているが、その息子さんも同じように精悍だが、まだ16歳でもあり今風のイケメンに仕上がっている。何となく、悪に立ち向かう“正義のヒーロー”的な面立ちなのだ。まさに“父親譲り”的な雰囲気の持ち主である。まだ16歳なので“親子二代”と言ってもこれからがスタートなのだろうが、藤岡氏の方の“公式インスタグラム”に登場するということは「七光り」を使ってでも売り出したい気持ちの表れであろう。この藤岡真威人(ふじおかまいと)氏には、顔貌の中で注目すべき部分がある。眉が濃く長いのだ。父親の藤岡弘氏も眉は濃く太く長い。真威人君の眉は太くはないが、濃く長い。これは性格的には“熱血漢でひた向き”であることを意味するが、それと同時に、運命的には“親子兄弟の関り”が強くて、家系的な仕事を“継承していく人”の相でもある。そして、もし、子供がほんとうに活躍し始めたなら、親の方は静かに“第一線から遠のく”のが相応しい形でもある。これは、どのような職業分野でも言えて、親の方が“第一線”を遠のかないうちは、その子が“中心的存在”として活躍し始めるのは難しい。だから、例えば一般企業であれば、息子をほんとうに活躍させたければ、自分自身はトップの座から降りた方が良い。もっとも俳優のようなフリーランスの仕事は会社と違って“引継ぎ”もないし“資格・証明”もない。父親を乗り越えていくのは容易ではない。いつの間にか“親の名”が出されなくなった時、それは“親を超えた”時なのだ。そして、ここからが“親の光”ではなく、自らの個性や能力で光り輝く時なのだ。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.