今日の迷言・余言・禁言

「火」「水」「風」「土」の脅威

アメリカのカリフォルニア州における“山火事”が猛威を振るっている。一ヵ所だけではない。なんと10箇所以上で“火の手”が上がっているのだ。まるでカリフォルニア州自体が“焼き討ち”に遭っているようなものである。しかも、最初の火の手は10月23日に起きたのだ。つまり、もう7日も燃え続けていることになる。さすがアメリカだけあって“山火事”もスケールが大きい。などと言っている場合ではない。28日に発生した“ゲティ地区の山火事”は「ポール・ゲティ美術館」という有名な美術館のすぐ傍から発生したらしい。この美術館自体は耐火装置が施されているので美術品に問題はないらしいのだが、周囲が“焼け野原”では無残としか言いようがない。実はこう近くにはセレブ御用達のリバリーヒルズという超高級住宅街もある。そこまで“火の手”が及ぶとは思えないが、より接近しているウエストウッドという地域は間違いなく火事の影響が出て来そうな場所だ。人間は「火」に勝てない。科学の最先端を行くアメリカでも勝てない。もう一つの災害「風=モンスーン」にも未だに勝てない。日本も同様で「風=台風」にも勝てないし、「水=豪雨・川の氾濫・津波」にも勝てない。もう一つ「土=土砂崩れ・地震」にも勝てない。結局、人間はいつまで経ったって「火」や「水」や「風」や「土」に勝てない。古代の人々と同じように勝てないのだ。科学はわれわれの生活を“便利”にはしてくれている。けれども、それはあくまで“普通の状態”においてで、大きな災害時はあまり役立たない。大きな災害時には古代の人々と変わらない姿になってしまうのだ。そういう意味では、われわれは永遠に自然界をコントロールは出来ない。本当は古代人と同じように“自然の神々”に祈りを捧げたいのだが、何となく気恥ずかしい。だから台風がやって来ると解っても、“大自然の神”に祈りを捧げる人は、稀にしかいない。こうして、大自然の神々は人間を戒め、どんなに科学が進もうと、自分たちが“決定的な支配者”であることを、無言のうちに教えようとしている。

 


最近の記事はこちら

虐待⁉禁止となった「象乗り体験」の疑問

東南アジアの観光名所ではしばしば像が登場する。タイでも、カンボジアでも、ベトナムでも、ラオスでも、象乗り体験は人気のアトラクションだ。いや、正確には「…だった」と書くべきなのだろうか。アンコールワット…続きを読む

20年後ベネチアは水中に沈んでいく

それはベネチアにあるヴェネスト州議会の会議室において、気候変動対策を考慮した条令修正案を否決した直後に起こった。会議室が高潮によって浸水してしまったのだ。まるで「否決は誤りである」と自然界が警告してい…続きを読む

特殊詐欺“かけ子”も“受け子”も実名報道すべし

海外から時々、日本人が“大量に捕まる”ニュースが飛び込んでくる。昨日、タイのパタヤでは新たに8人のグループが捕まり、フィリピンのマニラでは36人のグループが捕まった。東南アジアを拠点にした“特殊詐欺グ…続きを読む

単純な人ほど「目的」は達成される⁉

世の中には「単純な人」と「複雑な人」とがいる。これは別に“知能指数”とは関係がない。性格の問題なのだ。例えばアメリカのトランプ大統領は誰が観ても“単純な人”だ。或る意味では大変にわかりやすい。それに対…続きを読む

“バッシング”&“破局”が女優を大成させる⁉

ZOZOの元社長・前澤友作氏と女優・剛力彩芽氏との“破局報道”が出た。一時的にアメリカに移住し、宇宙旅行に備えたいという前澤氏に対して、もう一度日本で“女優”という仕事に取り組んでみたいという剛力氏と…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.