今日の迷言・余言・禁言

「火」を吹き出し「水」を吹き出す島

9月28日にインドネシアのスラウエシ島を襲った地震と津波は徐々に死者数を増やし、最終的には5000名をはるかに超えると考えられている。津波が死者数を増やしたと考えられているが、その津波は現地入りした日本の研究者によると、段階的に何度も訪れたようで、そのため家に戻りかけた人々を飲み込んだ形跡が強い。さらに海岸から遠く離れた地域では、液状化現象によって集落が丸ごと湧き出た泥水に飲み込まれていった。したがって、なかなか正確な数字が把握できないのだ。私の住む札幌でも9月に地震が来て清田区などで液状化現象が起こった。地震のように一瞬ではなく、半日くらいかけて徐々に水かさを増すのが液状化の怖いところだ。そのような形でいくつもの集落が大地に飲み込まれたのだ。なぜか日本ではあまりこのニュースが大きく報道されない。さらに地震との関係が判然としないが、同じスラウエシ島の北部では10月3日にソプタン山が爆発的に噴火した。その噴煙は5000メートルに達した。私は7月に書いている《「爆発的噴火」にオマケは附く⁉》として、バリ島のアグン山が噴火した時、そう遠い場所ではなくて“オマケ”が起きる可能性を指摘した。赤道に近い火山の島国インドネシアが“危ない”ことはハワイの噴火の時点ですでに記してある。5月に予感したようにインドネシアは確かに危なかった。けれども、私は地震としての危機を警告したのではなかった。爆発的火山噴火だった。そして、それは文字通り“オマケ”の形で的中はしたが、そのこと自体が“大きな災難”をもたらしたのではない。その直前に起こった地震と津波、そして液状化だった。今年、赤道に近い火山の島国は確かに危ない。10月6日にも、カリブ海の島ハイチでマグニチュード5.9の地震が発生し、11人が死亡した。そういう点から言えば、大枠で外れていないのだが、それでも“正確な予知”からは程遠い。もっと“正確に予知”出来れば、多くの人は救えただろうか。いや、おそらく私の“言葉”など誰も取り上げず、的中したなら、反って虚しい想いをしたに違いない。


最近の記事はこちら

「豊かさ」が産んだ「いびつな思想」

日本人に比べて、欧米人の考え方は良くも悪くも“極端”な場合が多い。今回、或る写真に対して二つの考え方が“ガチンコ対決”しているのだが、正直、私はそのどちらにも賛同しかねるのだ。SNS上で論議の的となっ…続きを読む

「ガイロク」は“人生とは何か”を教えてくれる

人には誰でも「人生最大のピンチ」と言えるような時期がある。それを街角インタビューの中から“抜粋していく”のが、あまり目立たないTV番組「ガイロク(街録)」だ。近年は、普通の人達に街角でインタビューする…続きを読む

技術・研究者なら飛躍できる水星&土星《0度》の危険

誰でも疲れている時とか、あまりにも神経過敏となっている時に「幻影」を見るとか「幻聴」を聴くとかすることは稀にある。けれども、それが日常生活となったら、もはやそれは“病気”一歩手前か、本格的な“心霊現象…続きを読む

「007」が“黒人女優”に変わる時代

映画「007」シリーズと言えば、私が「男はつらいよ」と同じくらい十代の頃から好んで見た映画だ。それにしても長い、もう「寅さん」は終わったというのに「007」の方は主人公ジェームズボンド役をさまざまな男…続きを読む

なぜ今頃「人肉事件」の映画なのか

「おいしそうだったから食べたかった」という言葉はよく聞く。けれども、それが「人肉」に向けられたものだったとしたら、思わず絶句する。それが通常の感覚だろう。けれども、世の中には“そうではない人達”がいる…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.