今日の迷言・余言・禁言

「熟成」を待てなかった作者&出版社

昨日も23歳で亡くなった“才能ある女性”をここで扱った。今日も又23歳で亡くなった“才能ある男性”を扱わねばならない。そこで、今日は少し観点を変えて述べていきたい。その前に、一応、“23歳の死”がどういうことからだったのかの経緯を伝えよう。彼は「恵口公生」という新人漫画家だった。23歳で昨年『少年マガジン』で連載を開始したばかりだから、われわれから考えると、まだまだ発展途上ともいうべき段階にある。けれども、おそらく本人としては「この作品でダメなら…」という気負いが強かったに違いない。「キミオアライブ」という作品で、題名がちょっと解かり辛い。作中の主人公の名前が「君生(きみお)」なので、実際には「君生アライブ」というような意味を持つタイトルなのに違いない。そして、その「君生」は作者自身の投影でもあったに違いない。なぜなら作者は「恵口公生(えぐちこうせい)」だが「公生(きみお)」とも読めるからである。そして、その主人公は、難病を克服して、小さな夢をひとつ、ひとつ叶えていくことに必死になっている。その姿を描いた作品である。連載してきていたので、その第一巻が単行本となって出版された。ところが運悪く、その発売は「緊急事態宣言」が出された時に重なった。その結果、本人の希望とは裏腹に、単行本はまったく売れなかった。その売り上げ数字によって、出版社から“連載の打ち切り”“続巻単行本の発売中止”が決定されてしまった。作者には、完全に前途が閉ざされてしまったのと同じであった。23歳の新人漫画家は、“自らの夢”を次々と実現させていく少年を描き出していたのだが、その「君生アライブ」は終わりを告げたのだ。彼が、もう少し忍耐強ければ「とりあえず今は撤退しても、また新たに挑戦していこう」と考えることが出来たに違いない。けれども、彼はいろいろと努力し挑戦して、やっと掴んだ“命綱”としての連載だったに違いない。結果として突き付けられたのは「誰もお前の漫画など期待していない」という残酷なものだった。もし出版社が、本当に彼に才能を見出していたなら、もう一度のチャンスを与えてやるべきだった。少なくとも、連載の打ち切りや、続編の発売中止は「緊急事態宣言」期間内での結果であることを考慮してやるべきだった。もちろん、人気稼業は、結果としての数字がすべてに優先する。ただ私が観るところ、題材を変えれば十分に人気を出しそうな素質は備えている。おそらく、作者自身も、そして出版社も、すぐに成果を欲した。待てなかったのだ。熟成して“たわわに実る果実”まで時間をかけ育てていこうとはしなかった。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.