今日の迷言・余言・禁言

「爆発的噴火」にオマケは附く⁉

私は5月19日《キラウエア山だけではない爆発的噴火》と題して、その“第一弾”を書いた。その中で、今後インドネシアとか、フィリピンとか、キューバなどの赤道に近い島国で他にも“爆発的噴火”が起こってくる可能性が高いと述べた。案の定、キューバの隣国グアテマラで火山噴火が起こり、6月10日《火山噴火「グアテマラ」の次ぎは?》を書かざるを得なくなった。この時は、インドネシアやフィリピンの可能性が一番強いが、それに近い半島部分も要注意であると書いた。7月2日に“爆発的噴火”をもたらしたバリ島のアグン山はこれまでにも“小規模噴火”は繰り返していたが、今回は本格的な“爆発的噴火”で継続性が高い。おそらく観光産業にも大きな影響をもたらすだろう。さて、私の予告通りに三か所が“爆発的な噴火”を行ったが、これで“お終い”になるだろうか。どうも、こういうものは「オマケ」が付いてきそうな気がするのだ。まあ、オマケであるから遠い場所ではない。それに遠い年月でもない。今回のバリ島に近い島や半島、そして数週間も経たない頃、アグン山と同系プレート地域の山といったところだろうか。なぜ、そんな風に思うのだろうか。時々、私は自分でもよく解からずに“奇妙な予言”を行うことがある。そうならないことを願うばかりである。今回の「オマケ」は悦べないが、私は幼い頃、雑誌のオマケ(付録)が大好きだった。付録が欲しくて雑誌をねだったものだ。昔の少年雑誌は“付録の数”が多く、20以上の付録が付くこともあった。今思えば、どうということもないような“ちゃちな付録”が多いのだが、夢見る少年には“宝物”のように思えたのだ。最近の雑誌には“付録”が付いているだろうか。「噴火」のオマケはごめんだが、雑誌の付録は決して無くさないで欲しい。


最近の記事はこちら

日本とは異なる「米ホームレス」の“闇”

昔からそう思っていたがアメリカは“矛盾の多い国”である。その中でもひときわ“矛盾が集約している”のがサンフランシスコという都市だ。今、この都市には街中のいたるところにホームレスがいる。繁華街でテント暮…続きを読む

俄然「横浜」が“熱く”なって来た

日本人はどちらかと言えば保守的な人達が多い。だから“危ないもの”には極力手を出さない。けれども、そういう日本に対して今、海外からの“熱い眼差し”が注がれている地域がいくつかある。IR候補地である。要す…続きを読む

メルカリが日本の「終活」を変える⁉

「メルカリ」という企業については、何となく名前くらいは誰もが聴いたことがあるだろう。ただ実際にはどういう企業なのか、知らない人も多いことだろう。一般的には“フリマアプリ大手”という位置づけである。要す…続きを読む

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

“高齢者”と“独身者”の「ハーフ婚」はいかが⁉

最近、どの調査を見ても「日本」がダントツに“1位”を獲得できるものはなくなってきている。そういう中で、唯一“ダントツ1位”をこれからも維持していけそうなのが、65歳以上の高齢者が占める人口比率であるら…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.