今日の迷言・余言・禁言

「爆発的噴火」にオマケは附く⁉

私は5月19日《キラウエア山だけではない爆発的噴火》と題して、その“第一弾”を書いた。その中で、今後インドネシアとか、フィリピンとか、キューバなどの赤道に近い島国で他にも“爆発的噴火”が起こってくる可能性が高いと述べた。案の定、キューバの隣国グアテマラで火山噴火が起こり、6月10日《火山噴火「グアテマラ」の次ぎは?》を書かざるを得なくなった。この時は、インドネシアやフィリピンの可能性が一番強いが、それに近い半島部分も要注意であると書いた。7月2日に“爆発的噴火”をもたらしたバリ島のアグン山はこれまでにも“小規模噴火”は繰り返していたが、今回は本格的な“爆発的噴火”で継続性が高い。おそらく観光産業にも大きな影響をもたらすだろう。さて、私の予告通りに三か所が“爆発的な噴火”を行ったが、これで“お終い”になるだろうか。どうも、こういうものは「オマケ」が付いてきそうな気がするのだ。まあ、オマケであるから遠い場所ではない。それに遠い年月でもない。今回のバリ島に近い島や半島、そして数週間も経たない頃、アグン山と同系プレート地域の山といったところだろうか。なぜ、そんな風に思うのだろうか。時々、私は自分でもよく解からずに“奇妙な予言”を行うことがある。そうならないことを願うばかりである。今回の「オマケ」は悦べないが、私は幼い頃、雑誌のオマケ(付録)が大好きだった。付録が欲しくて雑誌をねだったものだ。昔の少年雑誌は“付録の数”が多く、20以上の付録が付くこともあった。今思えば、どうということもないような“ちゃちな付録”が多いのだが、夢見る少年には“宝物”のように思えたのだ。最近の雑誌には“付録”が付いているだろうか。「噴火」のオマケはごめんだが、雑誌の付録は決して無くさないで欲しい。


最近の記事はこちら

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

「風水」の根底にあるのは「自然との調和」

ときどき占い師やセミプロの方から「風水」に関する質問を受ける。ところが日頃から占いに“関わっている人達”でも、なぜか「風水」に関しては“誤った発想”を持っている場合が多い。「風水」は“魔術”でも“呪術…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.