今日の迷言・余言・禁言

「父の日」は来ない

私には娘が一人いる。今年25歳になっているはずだ。けれども、私はその娘から、一度も「父の日」を祝われた記憶がない。娘が9歳の時、私は離婚した。それ以降、娘と逢ったのは3~4回しかない。ここ10年は一度も逢っていない。もちろん「父の日」が来たからと言って、特別何があるのでもない。まあ無視された状態といっていい。私の離婚原因が“女性問題”にあったので、仕方がないといえば仕方がない。ただ初婚の妻から「あなたが予言していたように、知的で美しい女性となった」と何年も前にメールで告げられた。それだけだった。そういえば、私は娘が生まれる前、夢の中で4~5歳になった娘の姿を見ていた。あの頃、私たちには子供は出来ないかも…と諦めかけていたので、本当に“女の子が産まれる”か疑問だった。それも夢の中の児が“元気溌剌”抱き着いてきたので、そういう活発な子に育つか、大いに疑問だった。けれども、間もなく女の子が産まれ、明るく育った。小学生となっても毎日、私の身体に乗っかって来る“父大好きな子”だった。離婚後、最後に逢ったのは中学生の時で、それ以来は直接見ていない。まともな会話としては「最近、推理小説を読みだした」というので「子供向けでなく、大人の推理小説を読まなくちゃあダメ」と言ったのが最後になった。それが効いたのか、それ以降は学力が急激に向上したらしい。昨年も、私は自分の本が出来てすぐに娘へと贈った。もちろん、反応はない。今年も、私と娘には「父の日」は来ない。


最近の記事はこちら

「宝石」には“念”が宿っている

大昔、王侯貴族は好んで宝石を身に付けた。その典型がツタンカーメン像だ。彼らは、もちろん、宝石に光り輝く財宝としての価値を見出していたからだが、それだけで常に身に付けていたわけではない。古代において、宝…続きを読む

子供たちが“女性となった”「父」を祝福する?

世の中、最近、面倒になってきている。「父の日」は、性転換して女性となった父親にも“その権利?”があるらしい。海外の話題だが、性転換して女性となった父親が、二人の娘たちから「父の日」を祝福されている写真…続きを読む

日経平均2万円は「最初の通過点」

昨日、久しぶりに日経平均が2万円を超えた。これまで何度か超えているが、どうもその後がいただけない。ドル円相場が不安定なので2万円台を維持できずにいたのだ。日本株の場合、どんなにアメリカ株が上昇しても、…続きを読む

狙われたミンダナオ島

6月17日、フィリピンの南部ミンダナオ島に「戒厳令」が出された。過激派組織「イスラム国」に忠誠を誓うフィリピンの武装組織「マウテグループ」と治安部隊との間で戦闘が激化しているからだ。報道によると、マラ…続きを読む

奇跡は“二度”起こらない

時々“奇跡的生還”という言葉が使われる。実際、神秘としか言いようがないような“奇跡”によって、死を免れる人たちが稀に居る。彼カーク・ジョーンズ氏もそういう一人だった。彼は2003年、一つの「挑戦」とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.