今日の迷言・余言・禁言

「父の日」は来ない

私には娘が一人いる。今年25歳になっているはずだ。けれども、私はその娘から、一度も「父の日」を祝われた記憶がない。娘が9歳の時、私は離婚した。それ以降、娘と逢ったのは3~4回しかない。ここ10年は一度も逢っていない。もちろん「父の日」が来たからと言って、特別何があるのでもない。まあ無視された状態といっていい。私の離婚原因が“女性問題”にあったので、仕方がないといえば仕方がない。ただ初婚の妻から「あなたが予言していたように、知的で美しい女性となった」と何年も前にメールで告げられた。それだけだった。そういえば、私は娘が生まれる前、夢の中で4~5歳になった娘の姿を見ていた。あの頃、私たちには子供は出来ないかも…と諦めかけていたので、本当に“女の子が産まれる”か疑問だった。それも夢の中の児が“元気溌剌”抱き着いてきたので、そういう活発な子に育つか、大いに疑問だった。けれども、間もなく女の子が産まれ、明るく育った。小学生となっても毎日、私の身体に乗っかって来る“父大好きな子”だった。離婚後、最後に逢ったのは中学生の時で、それ以来は直接見ていない。まともな会話としては「最近、推理小説を読みだした」というので「子供向けでなく、大人の推理小説を読まなくちゃあダメ」と言ったのが最後になった。それが効いたのか、それ以降は学力が急激に向上したらしい。昨年も、私は自分の本が出来てすぐに娘へと贈った。もちろん、反応はない。今年も、私と娘には「父の日」は来ない。


最近の記事はこちら

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

超アウトな「わいせつ罪」の施行

世の中にはいろいろな趣味・嗜好の人がいて、最近はいろいろな“わいせつ犯罪”が報道されるので、滅多なことでは驚かなくなった。そういう私でも“超アウト”に感じたのが今回の逮捕劇だった。静岡県で起きた父親が…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.