今日の迷言・余言・禁言

「片玉」とすべき時期に来ている

昨日も事故が起きた。最近、似たような事故が連続している。つまり、痴漢の犯罪容疑を掛けられた人物が線路内を逃走し、電車にひかれて死亡したのだ。つい先日も、逃走中に“転落死”した人物がいた。確かに「痴漢」は犯罪である。けれども「死刑」に当たるような犯罪ではない。昨今、痴漢は“みんなが協力し合って捕まえよう”という風潮が根付きつつある。そのこと自体は良いことだ。但し、過去の事例から「冤罪」が多いのも“痴漢犯罪”の特徴である。混みあう場所では、時として“なんでもない人物”が犯人に仕立てられてしまう。その危険性もあるのが、この犯罪撲滅の難しいところなのだ。一度でも、その“容疑”を掛けられると、後から“違っていた”ことが証明されたとしても、それで救済されることはほとんどない。社会的に抹殺されてしまうのだ。しかも「容疑者」として警察に行ったが最後、警察では初めから「犯罪者」として取り調べられる。だから、万一、間違えられて取り押さえられてしまったなら、救われる唯一の方法は“逃走”なのだ。今回の容疑者が、実際にどうだったのかは知らない。けれども、そういう可能性もあることを念頭に置きながら、この犯罪は考えなければならない。そして、実際の犯行に“常習性”があることは、誰もが認める。そうであるなら、その“量刑”として、もっと実際に“効果的な刑罰”を導入すべき時期に来ているのではないだろうか。その一番の方法は“睾丸を抜いてしまう刑”だ。一度、犯せば“一つ”抜き、再犯すれば“もう一つ”抜く、という方法が、もっとも効果的なよう私には感じられる。自分自身で抑えきれない性衝動は、意図的に抑制してやるのが一番良いからだ。一度の犯罪で“一個だけ”男の玉を抜く。それだけで大いに性欲が抑制されるが、sex自体には支障がない。子供もできる。けれども再犯した場合は極端に性欲が抑制される日常となり、子供も出来ない身体となる。このような量刑が世間的に定着すれば、黙っていても“痴漢”や“強姦”等の性犯罪は減っていく。昔あった“宦官”にちょっと似ている。古代中国では、このようにして“女性に仕えさせる”職業が存在したのだ。そこで現代の場合、“片玉”となった「性犯罪歴者」たちは、その後、どういう職業に向かうのが良いか…私に訊かれても困る。


最近の記事はこちら

人は「生まれて来る環境」を選べない

どんな両親から生まれたか、どんな環境のもとに生まれ育ったか、時々、人はそれを考える。一冊の興味深い自伝が出版されていた。死刑囚・麻原彰晃こと松本智津夫の三女として産まれた松本麗華さんの回想記『止まった…続きを読む

“7000体の遺体”の上に“医療センター”がある

昔『ミステリーゾーン』という雑誌があった。なかなかマニアックな雑誌で気に入っていたのだが、三年ほどで廃刊となった。後に、その編集者だった男性と出逢って、占いに関する執筆をいろいろと依頼された。あの雑誌…続きを読む

何が「チャンスの女神」か、誰にも解からない

世の中には簡単には“評価できない職業”というものがある。“俳優・タレント”という職業も評価が難しい。週三日・不動産会社の事務をして生計を立てている“女優・タレント”多岐川華子さんも、そういう一人だ。こ…続きを読む

本田&家長→同一生年月日の謎

日本人のプロサッカー選手で世界的に名を知られている選手の一人、それが本田圭佑氏だ。その本田選手が、在籍する“ACミラン”との契約終了に付き移籍することを自ら公表した。実は同じく今年、国内だが“大宮”か…続きを読む

本当に「心の狭い神」なのか

今、アメリカでは「スカーフをしていなかった」ことが論議をかもしている。ハッキリ言って、どうでも良いようなことだ。つまり、サウジアラビアを訪問中のトランプ大統領メラニア夫人がスカーフなしで公式の場に参列…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.