今日の迷言・余言・禁言

「片玉」とすべき時期に来ている

昨日も事故が起きた。最近、似たような事故が連続している。つまり、痴漢の犯罪容疑を掛けられた人物が線路内を逃走し、電車にひかれて死亡したのだ。つい先日も、逃走中に“転落死”した人物がいた。確かに「痴漢」は犯罪である。けれども「死刑」に当たるような犯罪ではない。昨今、痴漢は“みんなが協力し合って捕まえよう”という風潮が根付きつつある。そのこと自体は良いことだ。但し、過去の事例から「冤罪」が多いのも“痴漢犯罪”の特徴である。混みあう場所では、時として“なんでもない人物”が犯人に仕立てられてしまう。その危険性もあるのが、この犯罪撲滅の難しいところなのだ。一度でも、その“容疑”を掛けられると、後から“違っていた”ことが証明されたとしても、それで救済されることはほとんどない。社会的に抹殺されてしまうのだ。しかも「容疑者」として警察に行ったが最後、警察では初めから「犯罪者」として取り調べられる。だから、万一、間違えられて取り押さえられてしまったなら、救われる唯一の方法は“逃走”なのだ。今回の容疑者が、実際にどうだったのかは知らない。けれども、そういう可能性もあることを念頭に置きながら、この犯罪は考えなければならない。そして、実際の犯行に“常習性”があることは、誰もが認める。そうであるなら、その“量刑”として、もっと実際に“効果的な刑罰”を導入すべき時期に来ているのではないだろうか。その一番の方法は“睾丸を抜いてしまう刑”だ。一度、犯せば“一つ”抜き、再犯すれば“もう一つ”抜く、という方法が、もっとも効果的なよう私には感じられる。自分自身で抑えきれない性衝動は、意図的に抑制してやるのが一番良いからだ。一度の犯罪で“一個だけ”男の玉を抜く。それだけで大いに性欲が抑制されるが、sex自体には支障がない。子供もできる。けれども再犯した場合は極端に性欲が抑制される日常となり、子供も出来ない身体となる。このような量刑が世間的に定着すれば、黙っていても“痴漢”や“強姦”等の性犯罪は減っていく。昔あった“宦官”にちょっと似ている。古代中国では、このようにして“女性に仕えさせる”職業が存在したのだ。そこで現代の場合、“片玉”となった「性犯罪歴者」たちは、その後、どういう職業に向かうのが良いか…私に訊かれても困る。


最近の記事はこちら

「心の傷」&「慰謝料」を引き摺りながら…

よく企業間では“訴訟合戦”が行われたりする。稀に男女間でも“訴訟合戦”を行うことがある。その典型的な例が、大阪で起こった。2008年8月、女性は離婚して間もない30代前半の会社員だった。心身とも深く“…続きを読む

「得体のしれない国」が周りを取り囲む

中国の広東省で大規模な“偽札づくり”が摘発された。何んとその金額が214,000,000元(日本円にして37億円)に達するらしい。これはどう考えても本格的な“紙幣づくり”であり、組織的な作業に違いない…続きを読む

「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」

アラビアの格言「人は生まれ、人は悩み、人は死んでいった」ほど、真実をついた言葉はない。誰もが悩みながら生きている。文春報道を受けて、小室哲哉氏が引退を表明した。その会見は“苦悩”に満ちていた。私も、妻…続きを読む

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.