今日の迷言・余言・禁言

「物騒な国」が多すぎる

10代~20代にかけての“パスポート取得率”が右肩下がりらしい。20年前の半数近くまで落ちてきている。確かに、このところの世界情勢を見ていると、世界のあちこちで“血なまぐさい事件”や“激しい抗争”、それに“自然界の猛威”まで加わり、“安心して観光できる国”が極端に減ってきている。一言でいえば「物騒な国」が多すぎるのだ。フランスも、イギリスも、ベルギーも、トルコも、バングラディシュも、アメリカも、中国も、インドネシアも…これでは「海外に行ってみたい」と思うはずがない。海外留学も、親からすれば“安心して送り出せない状況”に変わってきつつある。それにしても、トルコのクーデターでは1500人以上が逮捕されたというから驚きである。通常、この手のクーデターは何十人とか何百人とか、せいぜいそのくらいの主要メンバーが秘かに準備、決行する。数が多すぎると“事前に漏れてしまう”可能性があるため、主要メンバー以外には伝えないのが普通なのだ。これだけの人数が加担していたということは、軍そのものに“不満が充満している”証拠といえるだろう。本当は、力で制圧すれば済む、という話ではない。イギリスのEU離脱にしてもそうだが、本当は違ったとか言っても、それだけ“不満が充満していた”結果の投票だったに違いない。フランスのテロにしても、国内における様々な矛盾に“不満が充満している”若者たちへの“受け皿が乏しい”ことを露呈している。アメリカにしてもそうだが、基本的に欧米人は“力で制圧する”ことで、犯罪や抗議を抑制しようとする。けれども、それだけでは根本的な問題は解決しない。特に、イスラム教などは「聖戦」を教え込まれているので、“死の抗議”を恐れない。その“思い”を子孫まで引き継ごうとする。昔、宗教は「世界平和」に貢献するものだと勘違いしていたが、むしろ真逆で「平和」を乱す一番の元凶になりつつある。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.