今日の迷言・余言・禁言

「理不尽」という名の舞台

世の中には「理不尽」なことがたくさんあります。極端な言い方をすれば「理不尽だらけ」です。世の中というものはそういうものなのです。ところが、日本の社会は極力「理不尽な状態」を作るまいと努力しています。日々、それなりに努力しているのです。したがって一見、平等で秩序正しく、道理にかなった社会であるかのように見えるのです。ただ、それは“表面上見える”というだけです。この事実を理解していないと「理不尽なことは許せない」と衝突する人が出てきます。もちろん、その気持ち自体は“悪いこと”ではありませんが、それにこだわりすぎることは、本当に“賢い人”の行うことではありません。時に、世の中には「そういう部分もある」と黙って引き下がることも、残念ながら“賢い大人”の取るべき路なのです。けれども、ここで重要なのは、いったん折れて、気持ちを切り替え、やり方を変更し、新たなる方向から、再び挑むと、好結果につながる場合もある、ということです。つまり「理不尽」ではあっても、別な形で“神様が手助け”してくれることも、世の中にはあるのです。


最近の記事はこちら

「豊かさ」が産んだ「いびつな思想」

日本人に比べて、欧米人の考え方は良くも悪くも“極端”な場合が多い。今回、或る写真に対して二つの考え方が“ガチンコ対決”しているのだが、正直、私はそのどちらにも賛同しかねるのだ。SNS上で論議の的となっ…続きを読む

「ガイロク」は“人生とは何か”を教えてくれる

人には誰でも「人生最大のピンチ」と言えるような時期がある。それを街角インタビューの中から“抜粋していく”のが、あまり目立たないTV番組「ガイロク(街録)」だ。近年は、普通の人達に街角でインタビューする…続きを読む

技術・研究者なら飛躍できる水星&土星《0度》の危険

誰でも疲れている時とか、あまりにも神経過敏となっている時に「幻影」を見るとか「幻聴」を聴くとかすることは稀にある。けれども、それが日常生活となったら、もはやそれは“病気”一歩手前か、本格的な“心霊現象…続きを読む

「007」が“黒人女優”に変わる時代

映画「007」シリーズと言えば、私が「男はつらいよ」と同じくらい十代の頃から好んで見た映画だ。それにしても長い、もう「寅さん」は終わったというのに「007」の方は主人公ジェームズボンド役をさまざまな男…続きを読む

なぜ今頃「人肉事件」の映画なのか

「おいしそうだったから食べたかった」という言葉はよく聞く。けれども、それが「人肉」に向けられたものだったとしたら、思わず絶句する。それが通常の感覚だろう。けれども、世の中には“そうではない人達”がいる…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.