今日の迷言・余言・禁言

「理不尽」という名の舞台

世の中には「理不尽」なことがたくさんあります。極端な言い方をすれば「理不尽だらけ」です。世の中というものはそういうものなのです。ところが、日本の社会は極力「理不尽な状態」を作るまいと努力しています。日々、それなりに努力しているのです。したがって一見、平等で秩序正しく、道理にかなった社会であるかのように見えるのです。ただ、それは“表面上見える”というだけです。この事実を理解していないと「理不尽なことは許せない」と衝突する人が出てきます。もちろん、その気持ち自体は“悪いこと”ではありませんが、それにこだわりすぎることは、本当に“賢い人”の行うことではありません。時に、世の中には「そういう部分もある」と黙って引き下がることも、残念ながら“賢い大人”の取るべき路なのです。けれども、ここで重要なのは、いったん折れて、気持ちを切り替え、やり方を変更し、新たなる方向から、再び挑むと、好結果につながる場合もある、ということです。つまり「理不尽」ではあっても、別な形で“神様が手助け”してくれることも、世の中にはあるのです。


最近の記事はこちら

町が地図上から消える炎

既に25万人が“避難生活”を強いられている。竜巻でもなく、豪雨でもなく、地震でもなく、津波でもなく、火山噴火でもない。とにかく、もう44人が亡くなったことだけはハッキリとしている。そして6500棟の住…続きを読む

UFOと北朝鮮の漂流船

「判読不明の数字が書かれていた」「なぜ北海道沿岸で多数が目撃されるか解からない」「誰も乗っていないことが多い」「漂着した遺体からは国籍も性別も解からない」このようにニュースの一部だけ書くと、何となく“…続きを読む

自身を観る「眼」を信じろ!

近年、海外で活躍している日本人は多い。特に芸術やスポーツの分野でそれが著しい。たまたま海外からのニュースの中で二人の人物が登場した。その一人は永久メイさん。まだ18歳の少女だが、中学1年で親元を離れて…続きを読む

「雪が降る」という“名曲”のごとく

北国の「雪」には、どこか“もの悲しい雰囲気”が漂っている。だから“冬”など無くなってしまうのが本当は良い。完全になくなってしまうのも少し寂しい気がするので、2週間くらいだけ“冬”がやって来て、足早に去…続きを読む

「あじさいの花」の“理想”と“現実”

「あじさいの花」という名称はとても良い。いかにも障害者に優しそうな印象を与えるからだ。けれども、そういう“優しい名称”や“可愛らしい名称”の企業は大体が長続きしない。今「企業」と書いたが正確に言えば企…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.