手相教室

「理想的な主要線バランスと幾何学図形」

理想的な主要線バランスと幾何学図形


掌の中の幾何学図形

これまであまり重視されていなかった手相の観方のひとつに”掌の幾何学図形”に基ずく判断方法があります。上記図解で示したように、一見ごく普通に見られる掌線図解が右側に分解して示したような三角形や四角形を”はめ絵パズル”や”だまし絵”のように隠し持っているケースが多いのです。

もちろん、すべての人の掌に三角形や四角形が形良く描かれているわけではありません。ただ、ここに示したような位置や大きさや形として描かれることが、もっともバランスの良い主要線の刻まれ方を表していることは事実で、幸運な人生を約束してくれる”印”でもあるようです。では、このような図形が見当たらなければ不幸な人生を歩んで行くのでしょうか。そんなことはありません。

実際に調べてみると、このような図形が明確に刻まれ出すのは30代後半以降になってからが多いのです。しかも、全部の三角形や四角形が見い出されることは極めて稀で、ほとんどの人はひとつかふたつが見い出されるだけです。すべてが見い出されたなら、宝くじの1等を手にしたようなもので、黙っていても幸運な人生を歩むはずですが、実際にはこういう手相の持ち主に限って人一倍努力家で、働き者で、寝る閑を惜しんで仕事や勉強を続けているのが常です。


最近の記事はこちら

実例による手相研究・その④

【80年前に掲載された実例手型】 手相を実際に研究する場合、実例を基として研究するのが一番良いのですが、今現在を生きている方の場合は、個人情報的な意味合いもあって、なかなか全面的に公開出来ません。そこ…続きを読む

実例による手相研究・その③

【80年前に掲載された実例手型】 手相を実際に研究する場合、実例を基として研究するのが一番良いのですが、今現在を生きている方の場合は、個人情報的な意味合いもあって、なかなか全面的に公開出来ません。そこ…続きを読む

実例による手相研究・その②

【80年前に掲載された実例手型】 手相を実際に研究する場合、実例を基として研究するのが一番良いのですが、今現在を生きている方の場合は、個人情報的な意味合いもあって、なかなか全面的に公開出来ません。そこ…続きを読む

実例による手相研究・その①

【80年前に掲載された実例手型】 手相を実際に研究する場合、実例を基として研究するのが一番良いのですが、今現在を生きている方の場合は、個人情報的な意味合いもあって、なかなか全面的に公開出来ません。そこ…続きを読む

指紋の種々相

【指紋の新しい研究】 指紋は手相の1分科というよりも、独立して研究する価値をもつ分野ですが、ここでは手相の研究者にとって、大いに参考となる分類と判断方法について述べてみたいと思います。 まず、指紋の判…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.