今日の迷言・余言・禁言

「瑛太」→「永山瑛太」“改名”が意味するもの

俳優の「瑛太」氏が、来年年明けのドラマから「永山瑛太」の本名に改名することを表明した。元々が「瑛太」で文字も変わることなく、苗字の「永山」をプラスするだけなのだから一見“大きな変化”とは言えないが、姓名学的な観点から見ると、この変化は大きい。これは俳優の方達だけではないが、最近「姓・名」の「名」の方だけを職場など“公的な場”で用いる人が増えてきている。ただ、そういう人達に知っておいていただきたいのは、元々が「名」というのは、私生活で頻繁に用いられるものだということである。家族や親戚間において「姓」で呼び合うのはおかしい。したがって「名」だけで呼び合うことになる。社会生活上でも「名」は用いるのだが、基本的には「姓」と“セット”として用いるのが一般的である。つまり、公的世界においては「名」だけでは通用しないものなのだ。例えば“夜の世界”において、ホステスさんとか風俗嬢とかが「名」だけを使用するケースは多い。そして、なぜか、そこに違和感は生まれない。それは彼女たちには“職場”なのだが、客にしてみれば“プライベートの場”でありたいからだ。ところが近年は、そういう世界であっても「姓名」を用いる女性達も多くなってきた。但し、それは本名ではない。あくまでも“源氏名”“芸名”としての別名なのだ。基本的には俳優や作家などと同一で、もう一つの“職業名”である。したがって、ホステスや風俗嬢でも、職業名としての「姓名」を持っている人は、それだけ“社会的な自覚”を持ちながら、その仕事を行っている、ということになる。もちろん無意識なのだが、無意識であっても、それは運命的に“そういう形”で作用することになる。したがって、どのような世界の仕事であっても、その仕事に就いていることを「世の中に認めさせたい」のであれば「名」だけではなくて「姓名」にした方が良い。したがって、これからは永山瑛太氏も、本格的に“俳優”として世の中に顔を出すことになる。一般的に言って「名」だけの姓名を用いている場合、その“プライベート的部分”がそのまま“社会的評価”の対象となる。占い師の中にも「名」だけの“占い師名”を使っている方が多くいるが、そういう方は“どこかに属して”仕事をした方が良い。もし、完全に独立の形で「名」だけを使うのなら、プライベート的な部分を“売り”にしなければならない。そして、行く先々で名前を変え、やがて「昔の名前で出ています」となる⁉


最近の記事はこちら

「恋」は「世間に謝罪」すべきものなのか

文春報道で俳優の東出昌大氏と女優の杏氏とが別居していることが明らかになった。そして同時に、東出氏が共演女優・唐田えりか氏と“不倫”したことがその決定的原因であるとも報道された。それらの報道を受けて、不…続きを読む

中国の「春節」は「日本」が1位

それが何であっても、1位に選ばれるのは気持ちが良い。ましてや“おめでたいこと”ならなおさらである。このほど中国の旅行予約サイトで、興味深いランキングが発表された。今年の春節期間中、どこに出掛けるか、そ…続きを読む

「日本刀」で、妻と弁護士の魂を分つ⁉

アメリカ人には時々、ユニークな行動を真顔でとる人がいる。カンザス州に暮らすデビット・オストロム氏もそういう一人だ。彼は今、妻から“離婚訴訟”を起こされ、その内容にひどく憤慨していた。そこで彼は真摯に裁…続きを読む

1日16時間で「歌う弁護士」になる⁉

或る雑誌に、12歳から芸能活動を始め、17歳で歌手になってTV番組エンディングでも使われ、その後大学に入って大学院まで出て外資系製薬会社で働き、33歳から別な大学で法律を学び、5年後に司法試験を突破し…続きを読む

「チーム風土」なのか「小松美羽」なのか

現代の芸術・芸能の世界は、その舞台を“片田舎”から…あっという間に“世界”に変える。けれども、そこには“影の仕掛人”が存在しているケースも多い。今や日本を飛び出し、そういう形で世界に羽ばたきつつある人…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.