今日の迷言・余言・禁言

「生きようとする人々」と「死のうとする人々」

私の義母の死が近い。そういう人々が入院する「緩和ケア病棟」に見舞いに行く。そこでは誰もが“死が近い”ことを意識しながら、それでも必死に生きようとしている。確か作家の渡辺淳一氏だったと思うが、自らが医師だった経験をもとに、人は身近に迫った“死”を受け入れながらでも、本能的に“生きようと努力する”ものだと記していた。一方で、全国の四万人に及ぶ調査で、ここ一年の間に「本気で自殺したいと考えたことがある」と答えた人が成人で“4人に1人いる”ことが分かった。自殺未遂の経験者は53万人と多く、そのうちの半数以上が20~30代の若い人たちである。実際、毎年、2万人以上が自ら命を絶っている。「生きようとする人々」と「死のうとする人々」は、残念ながら“入れ替われ”ない。私自身、十代半ばで“自殺未遂”の経験を持つ。だから「死のうとする人々」に“偉そうなこと”など言えない。そういう時には、周りが見えなくなっているし、将来を悲観しているので、今の“苦しみから逃れたい”一心でしかない。ただ、そのあとで実姉から「生きていたら良いこともあるよ」と言われた一言が今も残っている。若い頃、苦悩しながら生きて来た人には、共通して“人間としての理解力と奥深さ”があるものだ。“死と隣り合わせの体験”を持つ人には、人生を無駄にしてはならないという“身体に染みついた掟”のようなものを感じることもある。“普通に生きていること”が、とても「幸せ」に感じられる日、人はちょっとだけ神様から褒められているのかもしれない。


最近の記事はこちら

セブン&ローソン「居酒屋」を兼ねる⁉

7月17日から「セブン―イレブン」では店頭で“生ビール”を発売するそうだ。レジ横にビアサーバーが設置され、Sサイズ100円、Mサイズ190円也の“生ビール”を販売するらしい。もちろん、会社帰りのサラリ…続きを読む

「命のロウソク」は売っていないのに…

東京江戸川区の住宅で13日の夜、練炭による“集団自殺”の可能性が高い5人の死体が発見された。おそらく、この家の持ち主が“自殺志願者”たちを道連れにして集団自殺を図ったと思われる。今のところ、男性一人、…続きを読む

美穂は「黄金期」を再来できるか

丁度、80年代から90年代にかけて日本の“バブル期”と重なっていたのがフジテレビの“黄金期”だった。そのフジテレビが“復活”を目指すべく“白羽の矢”をたてたのが女優・中山美穂氏である。確かに、89年「…続きを読む

「死後」も“お騒がせ”しております⁉

よく“生前”いろいろとトラブルを起こしていた人物が亡くなった時「これでようやく穏やかな日常が過ごせるね」等と親戚たちが話しているのを耳にする。ところが、世の中には“死んでから”もトラブルを起こし続ける…続きを読む

カラダの“空洞”とココロの“空洞”

TV番組やインターネット配信は、時に予期せぬ形で“人気者”を生み出したり、“巨富”を与えたりする。TV「あいのり」に2007年より素人参加した「桃」もそういう女性の一人だった。素人参加者たちが8か国を…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.