今日の迷言・余言・禁言

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。正直、私はこれまで“同じもの”という認識を持っていた。キリスト教の日本における“初期の形”、或いは“秘められたマリア信仰”のように捉えていた。けれども、彼らは“明らかに別物”として「カクレキリシタン」を信仰していた。だから、本来は“公開してはならないもの”なのであった。確かに、いまの日本で何故まだ“隠れ”を続けなければならないのか、その部分が私には不明だった。彼らに言わせると、先祖が多数殉教した中で、命をかけ伝承され続けた“教え”であり、“祈り”なので、一般のキリスト教ではないのだと言う。そういう“軽いものと一緒にされたくない”というのが、頑強ともいえる彼らの信仰形態なのであった。ところで、昨日、日本神道の一派である「黒住教」が1814年の立教以来初めて、教主の「生前継承」というものを行った。6代目教主が80歳を迎える日に、現在の副教主に“教主の座”を譲り渡そうという試みである。葯30万人もの信徒を抱える黒住教であるが、隆盛を誇ったのは明治のことらしく、徐々に衰退してきているらしい。元々、黒住教というのは代々神職の家に生れていた黒住宗忠氏が34歳の時に父母を一度に喪い、自らも大病を患い、一身に祈りを捧げた冬至の日の“日拝”(日の出の太陽を拝むこと)中に起こった“神秘体験”に由来する。太陽神である「天照大御神」と黒住宗忠自身とが“一体化”したのだ。こういう“神秘体験”は、聖人的な偉業を成し遂げた人達にしばしば起こることで、黒住教では「天命直授」として使命を授かったものだとしている。それ以来、この宗教では日の出の太陽を自らの体内に取り込もうとする「日拝」をもっとも重要な信仰形式としている。果たして生前継承された第7代教主は、天照大御神と一体化し、日本に“神の力”を体現できるのであろうか。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.