今日の迷言・余言・禁言

「男女と同じか」で争う「女と女」

精神的に「若いかどうか」を占う簡単な方法がある。まず、あなたは“50年後の未来”に興味があるだろうか。ここで「ある」と答える人は精神的に相当若い。もし、あなたが50代、60代で、50年後の未来に興味があるなら、社会の第一線で働いていることだろう。人間というのは自分に直接的な関係がなくなって来ると、あまり興味を持たないものなのだ。そういう意味では、ちょっと心配なのが、まだ30代とか40代なのに、50年後の未来には「まったく興味がない」と答える人たちだ。そういう人達の多くは、ここ数年先のことさえ茫漠としているのに、50年も先もことなど考えること自体が“無意味”であり、“どうでも良い”ことだと思っているに違いない。ただ、そういう人達でも、50年後ではあるが「家庭問題」とか「不貞問題」についてであるとすれば、多少は興味を持ってもらえるかもしれない。実は昨日、東京高裁で一つの損害賠償請求を求めた裁判の口頭弁論が始まった。そこで争われているのは、同性同士のパートナーの“不貞行為”が、男女間の内縁関係における“不貞行為”に相当するものなのかどうか、ということが一番の“争点”となっているのだ。早い話が、女同士の「愛」は、男女の「愛」と“同様に扱っても良いのか”、という問題なのだ。それで、一方は「同じ」と主張し、一方は「違う」と主張している。だから、高裁にまで持ち込まれた。この問題というのは、司法という“公的な眼”が、同性愛というものを“どういう風に捉えているか”を知る一つの指標になる。私はちょっとだけ双方ともに可哀想な気がする。なぜなら元々は一緒に暮らしていた二人なのだ。それが一方の“浮気”で別れざるを得なくなった。男女間でもそうだが、いったんこじれると「愛」は「憎しみ」に変貌する。おそらくお金の問題ではない。この二人は今後、何年間にもわたって争い続けることだろう。たとえ最高裁まで行って、最終判決が出たとしても、それで気持ち的に終わるわけではない。もしかすると、同性を愛したこと自体を悔いるようなことになるのではないだろうか。今のままのペースでいくと、同性愛カップルはどんどん増えていく。50年後には“3割近いカップル”が誕生しているかもしれない。そして、この二人の主張が、その50年後にも繰り返される⁉


最近の記事はこちら

事務所退所は「世界に挑む」ゴーサイン⁉

最近、芸能事務所を退所する芸能人が増えている。柴咲コウ、米倉涼子、栗山千明、長谷川潤、原千晶、菊池桃子、手越祐也…といった面々だ。さらに、昨日、ローラ氏と神田うの氏が加わった。どうして、今年に入って、…続きを読む

「本能的認識」と「差別」は異なる

「新型コロナ騒動」が起こってからというもの、世界は、あらゆることに関して過剰に反応する傾向が顕著になっている。これまでなら気にもしなかったことまで“神経過敏”に反応しているような気がする。その象徴とも…続きを読む

「美術館女子」が、なぜ悪いのか⁉

私はいつも思う。どうして「みんなと同じ」でなければいけないのだろう。どうして「同じ感覚」「同じ考え方」「同じ意識」にもっていきたがるのだろう。そうでなければ、許さない、といった雰囲気を作り上げるのだろ…続きを読む

都知事選より面白い「5人の美女」の闘い

昔から「女の闘い」というのは熾烈なもので、それも“5人もの闘い”ということになれば、熾烈を極めるのは言うまでもない。「東京都知事選」の陰に隠れる形で秘かに行われるはずだったが、ここに来て俄然注目を集め…続きを読む

私に「神とは何か」を教えた小説群

私は外国の小説をあまり読まないので、海外の「宗教小説」については知らない。けれども、日本の宗教小説は十代から二十代にかけていろいろと読んだ。その中で“キリスト教”に関連する小説は、遠藤周作氏の小説が“…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.