今日の迷言・余言・禁言

「男性更年期」と「うつ病」の境で…

「本当にあったんだ!」というのが素直な感想である。男性の「更年期障害」だ。何となくそういう名称を聞いた気がしていたが「ウソだろう」と思う気持ちの方が強かった。ウソではなかった。実際に日本では600万人もの患者数が潜在的にはいるらしい。すごい数ではないか。しかし、その割には認知度が低い。40代以降のビジネスマンに急増しているらしい。その理由は、男性ホルモン「テストステロン」の低下から生じるらしい。“やる気が起こらない”“よく眠れない”“汗をかきやすい”“イライラしやすい”“達成感がない”“性欲がわかない”“昼間からうとうとしやすい”…どれも当てはまっているじゃないか。実は、これらの症状は「うつ病」ともよく似ているのだそうだ。そこで受診を間違える男性が多いらしい。つまり、自分は「うつ病」になってしまったのではないか、と「精神科」を受診してしまうケースが少なくないそうだ。実はこれが問題なのだ。精神科で処方する「抗うつ薬」というのは元々「テストステロン」を低下に導く薬なのだ。その結果、より以上に「男性更年期」が進んでいく。つまり、本来なら“そんなに心配がいらない”程度の更年期だったのが、重症となり、しかも実際に「うつ病」っぽくもなっていってしまうという“恐ろしい勘違い”が生まれるのだ。大体、病院から貰う薬を日本人は“信頼しすぎ”のような気がする。使って“自分に合わなければ”即刻中止するか、別な薬に変えてもらえばよいのだ。ちなみに「テストステロン」は夜寝ている間に作られる。したがって“睡眠不足”になると、不足気味となる。ビジネスマンに急増しているのは、それだけ忙しくて睡眠不足になっているせいかもしれない。これは日本だけの現象かというと、そうではない。アメリカなど日本よりはるかに多くの患者数で溢れている。ちなみに「うつ病」も、日本人は世界中で最も発生率が少ないのだという。世界って、どんだけ“悩み”を抱えて暮らしているんだって、妙に安心したりする。


最近の記事はこちら

「反則タックル」はプロレスで活かせ!

最近、スポーツ関係での「パワハラ」問題、行政関係での「セクハラ」問題などが報道されることが多い。どのような分野でも“行き過ぎ”“やり過ぎ”は問題なのだが、過度に神経質になって、何でもかんでも「パワハラ…続きを読む

「グランドクロス」を生きる人々

「ピーター」と呼ばれていた池畑慎之介氏がちょっとだけ“休業”し、もう「ピーター」の名は使わないらしい。これを「休業宣言」と受け止めて良いかは疑問だが、とにかく「休み」が欲しくなったのだな…ということだ…続きを読む

「ZOZO」は“世界”へ飛翔できるか

ファッション通販のショッピングサイトとして絶大な人気を誇る「ZOZOTOWN」を運営している株式会社スタートトゥディが6月26日の株主総会で社名変更を決議する。社名も「ZOZO」に変更・統一するという…続きを読む

「二刀流・松坂」が始まる

私が開幕前から予告していたように、中日の松坂大輔投手が「二刀流」で2勝目を挙げた。20日の試合で、その第2打席、第3打席で二打席連続のヒットを放ったのだ。「松坂大輔」といえば、もう“過去の人”だった。…続きを読む

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.