今日の迷言・余言・禁言

「男性更年期」と「うつ病」の境で…

「本当にあったんだ!」というのが素直な感想である。男性の「更年期障害」だ。何となくそういう名称を聞いた気がしていたが「ウソだろう」と思う気持ちの方が強かった。ウソではなかった。実際に日本では600万人もの患者数が潜在的にはいるらしい。すごい数ではないか。しかし、その割には認知度が低い。40代以降のビジネスマンに急増しているらしい。その理由は、男性ホルモン「テストステロン」の低下から生じるらしい。“やる気が起こらない”“よく眠れない”“汗をかきやすい”“イライラしやすい”“達成感がない”“性欲がわかない”“昼間からうとうとしやすい”…どれも当てはまっているじゃないか。実は、これらの症状は「うつ病」ともよく似ているのだそうだ。そこで受診を間違える男性が多いらしい。つまり、自分は「うつ病」になってしまったのではないか、と「精神科」を受診してしまうケースが少なくないそうだ。実はこれが問題なのだ。精神科で処方する「抗うつ薬」というのは元々「テストステロン」を低下に導く薬なのだ。その結果、より以上に「男性更年期」が進んでいく。つまり、本来なら“そんなに心配がいらない”程度の更年期だったのが、重症となり、しかも実際に「うつ病」っぽくもなっていってしまうという“恐ろしい勘違い”が生まれるのだ。大体、病院から貰う薬を日本人は“信頼しすぎ”のような気がする。使って“自分に合わなければ”即刻中止するか、別な薬に変えてもらえばよいのだ。ちなみに「テストステロン」は夜寝ている間に作られる。したがって“睡眠不足”になると、不足気味となる。ビジネスマンに急増しているのは、それだけ忙しくて睡眠不足になっているせいかもしれない。これは日本だけの現象かというと、そうではない。アメリカなど日本よりはるかに多くの患者数で溢れている。ちなみに「うつ病」も、日本人は世界中で最も発生率が少ないのだという。世界って、どんだけ“悩み”を抱えて暮らしているんだって、妙に安心したりする。


最近の記事はこちら

人は「生まれて来る環境」を選べない

どんな両親から生まれたか、どんな環境のもとに生まれ育ったか、時々、人はそれを考える。一冊の興味深い自伝が出版されていた。死刑囚・麻原彰晃こと松本智津夫の三女として産まれた松本麗華さんの回想記『止まった…続きを読む

“7000体の遺体”の上に“医療センター”がある

昔『ミステリーゾーン』という雑誌があった。なかなかマニアックな雑誌で気に入っていたのだが、三年ほどで廃刊となった。後に、その編集者だった男性と出逢って、占いに関する執筆をいろいろと依頼された。あの雑誌…続きを読む

何が「チャンスの女神」か、誰にも解からない

世の中には簡単には“評価できない職業”というものがある。“俳優・タレント”という職業も評価が難しい。週三日・不動産会社の事務をして生計を立てている“女優・タレント”多岐川華子さんも、そういう一人だ。こ…続きを読む

本田&家長→同一生年月日の謎

日本人のプロサッカー選手で世界的に名を知られている選手の一人、それが本田圭佑氏だ。その本田選手が、在籍する“ACミラン”との契約終了に付き移籍することを自ら公表した。実は同じく今年、国内だが“大宮”か…続きを読む

本当に「心の狭い神」なのか

今、アメリカでは「スカーフをしていなかった」ことが論議をかもしている。ハッキリ言って、どうでも良いようなことだ。つまり、サウジアラビアを訪問中のトランプ大統領メラニア夫人がスカーフなしで公式の場に参列…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.