今日の迷言・余言・禁言

「疫病」から守ってくれる「祭り」が中止⁉

ときどき単純な私には「謎」に思える出来事が報じられる。本来「疫病から守ってくれる神」として存在している奈良市の「御霊神社(ごりょうじんじゃ)」が、今年は“コロナの影響”を考えて、通常10月の12日13日に行われる“例大祭の渡御式”を中止すると決めたそうである。これは祭神八柱の分霊を載せた神輿が街中を巡り歩くもので、それにより街の住人達を疫病から守ってくれると信じられていた。“新型コロナ”は間違いなく現代の「疫病」である。それなのに、守ってもらえるはずの“祭り”を中止してどうする。その代りとして、今年は10月1日~13日迄「ならまちの氏神さん!御霊神社例大祭の魅力」として“特別展示会”を市内の三か所で開くそうだ。この神社は1220年前の創建だが、主祭神は井上内親王である。その井上内親王は「天皇を呪詛した」疑いをかけられて、幽閉された。その幽閉先で“非業の死”を遂げられた御霊が祀られているのだ。実は、私も知らなかったが「非業の死」を遂げた怨霊は、丁重に祀ってやることによって「疫病から人々を守ってくれる」神霊に昇華するらしい。それが古来からの伝承としてあって、それ故に桓武天皇はこの神社を創建したのだ。何とも奇妙な話だが、その“祭り”は1220年間途切れることなく続けられてきた。それを現代の疫病=新型コロナで中止というのが、どうも納得できない。ただ、その当時の衣裳のまま天狗の面をつけた姿で椅子に座っている様子の展示は、一種異様で迫力がある。それにしても呪詛した疑いで幽閉しておいて、亡くなったら神社を創建するというのは、たとえ「疫病から守ってくれる」という民間伝承があったにしろ、自分で幽閉しておいてなだけに理解に苦しむ。しかも、その伝承そのまま今日まで、信じ続けられてきたというのは、そして疫病の今年は中止だというのは、単純な私にはどうしても理解しがたい。


最近の記事はこちら

「70代女性」の元気と「30代女性」の体力低下

日本には「スポーツ庁」と呼ばれるものがあって、そこが各世代別の体力や運動能力に関する調査報告を出した。それによると「東京オリンピック」が行われた1964年当時に比べて、令和の60代後半~70代の女性は…続きを読む

麻薬首領「ゴッドファーザー」は「前国防相」だった

あなたは「ゴッドファーザー」という名曲、或いは映画を知っているだろうか。知っているなら若くはない。とにかく私の大好きな映画音楽だった。もちろん、大ヒットした映画も「マフィア」を描いているのだが、それで…続きを読む

預金1000万が「宝の持ち腐れ」になる⁉

世の中に「心配性」の人は多い。心配性の人は、どんなに周りが「大丈夫」といったところで訊く耳を持たない。大体が“長期的未来”を考えすぎる。「未来」とか「将来」について考えることは悪いことではないが、せい…続きを読む

趣味を「仕事」にする魔法の方法

私が、もう40年以上も続けている習慣がある。いや50年近いのか。とにかく長続きしている習慣だ。それは朝に髪を洗うことで、俗にいう「朝シャン」である。考えてみると本当に長続きしている。何のことはない朝に…続きを読む

“遊ぶ金”欲しさで、一生を棒に振る若者たち

昨日、広島県で会社役員ら5名が「給付金詐欺容疑」で逮捕された。逮捕者以外にも十数人が関わっている模様で、かなり組織的に行われた様相が出てきた。この「給付金」は、元々フリーなどで働く“個人事業主”を対象…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.