今日の迷言・余言・禁言

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻撃する免疫細胞が加わると、7割のマウスが一週間ほどで突然死するというのだ。免疫細胞が脳の血管部分にわずかな炎症を起こさせ、通常はないはずの神経回路が出来て胃腸や心臓の不調をもたらす。日頃からストレスが生じると胃腸が病んだり、心臓に異変が起こる人は、正しく「病は気から」を証明しているような人で、既に脳内に“余分な神経回路”が出来ていて、ストレス病となっている可能性があるのだ。このような場合、いくら胃腸や心臓そのものを治療したとしても、脳内の余分な神経回路を絶たない限り、何度でも病気を繰り返すことになる。つまりは、昔から言われていた「病は気から」のことわざは真実だった、ということになる。ただ、この研究で注目すべきは、すべてのマウスが同じように反応するのではなく、ストレスを与えても、神経細胞を攻撃する免疫細胞を与えても、動じることなく健康を保つマウスが三割ほどいるということだ。科学者たちはここにはあまり注目していないが、この点はとても重要だ。確かに「病は気から」は本当なのだが、同時にストレスが続こうが、攻撃型免疫を受けようが、それらに動じず、健康でいられるマウスも存在する。おそらく人間もまったく同じであって、ストレスがそのまま病気につながる人と、ストレスがあっても病気には結びつかない人がいるのだ。そして多分、その差は「気」なのだ。過敏すぎる「気」は余分な神経回路を生じさせやすく、何事にも動じない「気」は余計な神経回路をつくらす、原初生命を維持し続ける…そう考えると「病」をつくらない体質も、気持ちの部分が大きく、むしろ「身体は身体さ」と突き放して考える「気」の強さこそ“健康”の秘訣になるのかもしれない。


最近の記事はこちら

「ユーチューバー」が消えていく

グーグルは16日、傘下に抱える動画投稿サイト「ユーチューブ」に対し“新規約”を設けると発表した。これまでは動画の“再生回数”を基準として評価していたのだが、今後は“チャンネル登録者数”と“年間視聴時間…続きを読む

「孤独担当相」は、日本にこそ必要

英国のテリーザ・メイ首相が18日「孤独担当相」という新たな“任務”を新設、政務次官だったトレイシー・クラウチ氏にそれを要請した。メイ首相は「高齢者や介護者、愛する人を喪った人、話し相手のいない人々が直…続きを読む

窓のマークが「謎」を解く鍵?

アメリカのカリフォルニア州で17歳の少女が警察に助けを求めて発覚した事件。自宅に13人の子供たちを“監禁・虐待した容疑”で、1月14日、その家の父親と母親とが逮捕された。自宅に2歳~29歳までの自分の…続きを読む

地味に売れ続ける『江戸JAPAN極秘手相術』

世の中はまだまだ捨てたものではない。私が4年くらい前に出した『江戸JAPAN極秘手相術』(波木星龍著・八幡書店刊)が再び“増刷”となった。地味ながらも、確実に“売れ続けている”のだ。それにしても、一般…続きを読む

台湾やマカオまで「一つの中国」と言われても…

「歴史に学べ」という言葉があるが、どうも、中国の“習近平体制”には通じていないようだ。近年、中国では“愛国心”教育が盛んで「一つの中国」を国民に強制している。そこでは、台湾や香港やマカオやチベットは、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.