今日の迷言・余言・禁言

「痛い人」同士は“癒し”合わなければ…

世の中で「痛い人」という表現が生まれたのはいつのことからだろう。そして誰が誰に使ったのが最初だったのだろう。それは謎なのだが、とにかく今は日常の中で“普通に使われる”表現となった。だから、あえて、その説明はしない。さて、歌手の浜崎あゆみ氏がエイベックス松浦勝人会長との関係を赤裸々につづった『M 愛すべき人がいて』を8月1日に出版するという。それに対して女優の遠野なぎこ氏がワイドショーで「最近はインスタとかツイッターとかでしか話題にならないでしょ(中略)自分のことも見えない、ただの痛い人になってしまった」とコメントしたようだ。それは確かにその通りなのだが、その言葉を遠野なぎこ氏から聴くと「⁉」と思ってしまう。なぜなら、この遠野なぎこ氏だって、そういう意味では過去に相当“痛い話題”を提供していた時期があるからだ。もしかしたら、もうそんな時期は“卒業”して、彼女には過去の出来事になってしまったのかもしれないが、大衆というか、世間というか、そのイメージは簡単には消し去れない。だから、本当は一言「私にも、そういう時期は有りましたけどね」と一言加えれば、多くの人に心地好く伝わったような気がする。最近、遠野氏だけではなくて、過去に“似たような出来事”があった人たちからの“この種の発言”をSNS上などで目にすることが多い。世間がそういう風に思うのは解かるけど、その人がいうべきことではないような。本人にとっては、既に“過去のこと”として禊を済ませてあるような感覚で居ても、世間というのは、或いは大衆というのは、なかなかに“忘れてくれない”ものなのだ。だからむしろ、自分の“過去”から抹消してしまいたいような事件や事柄をほうふつとさせるような人物が出てきてしまった時は「私も偉そうなことは言えませんけど…」と一言添えれば良いのだ。そうすれば誰もが納得して、その人の発言を聴く。要するに「痛い人」同士が片寄せ合って生きていくようにすれば、世の中“丸く収まる”というものだ。というか、世の中の“8割方”は「痛い人」というか「叩けば埃の出る身体」である場合が多い。だから「この方も寂しいから、こういうことをしてしまうんですよね」とか「誰でも、こういう風にして自分を癒そうとする時ってありますよね」とか「人はやっぱり、自分が輝いていた時を忘れたくないんですね」とか微笑みながらやさしい表情でコメントすれば、きっと、その人の“痛いイメージ”は忘れてくれるに違いない。


最近の記事はこちら

“7度目”と“4度目”の「愛の終着駅」

日本人は他の人種に比べて「執念」というものが、それほど強くない。「和食」で“こってり”とか“とことん”とかいう表現はほとんど出て来ない。どちらかと言えば“あっさり”や“さっぱり”を好むのが日本人なのだ…続きを読む

「令和」が感じられない“即位記念切手”

意外に気付かないでいた10月からの“切手代値上げ”だが、それを気付かせる意味もあってのことなのかどうか知らないが、10月18日から「天皇陛下即位記念」の新たな切手が発行されることが公表された。昨日、そ…続きを読む

「風水家相」で大切なのは“基礎的な事実”

吉本興業の“闇営業問題”で謹慎処分になっていた芸人たちの多くが8月19日に「東京吉本」の舞台に立った。その中にはスリムクラブの内間政成氏の姿もあった。彼は妙な形で多くの同情を集めている。何度か5年前に…続きを読む

従業員は「命預けます」と言えるか⁉

大昔「命預けます」という題名の歌があった。それを何んとなく思い出した。多分、それに近い意識を持たないと“出資は出来ない”だろうととも思った。何しろ金額が半端ではない。日本円で2兆1300億円なのだ。そ…続きを読む

44年前の「UFO誘拐事件」再掲載の謎

昨日「文春オンライン」は、なぜか44年前に起きた“UFO事件”の詳細を載せた。なぜ載せたのか。一応の理由としては《夏に読みたい「怖い話」》ということになっている。だが、私には何となく釈然としない。もし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.