今日の迷言・余言・禁言

「痛い人」同士は“癒し”合わなければ…

世の中で「痛い人」という表現が生まれたのはいつのことからだろう。そして誰が誰に使ったのが最初だったのだろう。それは謎なのだが、とにかく今は日常の中で“普通に使われる”表現となった。だから、あえて、その説明はしない。さて、歌手の浜崎あゆみ氏がエイベックス松浦勝人会長との関係を赤裸々につづった『M 愛すべき人がいて』を8月1日に出版するという。それに対して女優の遠野なぎこ氏がワイドショーで「最近はインスタとかツイッターとかでしか話題にならないでしょ(中略)自分のことも見えない、ただの痛い人になってしまった」とコメントしたようだ。それは確かにその通りなのだが、その言葉を遠野なぎこ氏から聴くと「⁉」と思ってしまう。なぜなら、この遠野なぎこ氏だって、そういう意味では過去に相当“痛い話題”を提供していた時期があるからだ。もしかしたら、もうそんな時期は“卒業”して、彼女には過去の出来事になってしまったのかもしれないが、大衆というか、世間というか、そのイメージは簡単には消し去れない。だから、本当は一言「私にも、そういう時期は有りましたけどね」と一言加えれば、多くの人に心地好く伝わったような気がする。最近、遠野氏だけではなくて、過去に“似たような出来事”があった人たちからの“この種の発言”をSNS上などで目にすることが多い。世間がそういう風に思うのは解かるけど、その人がいうべきことではないような。本人にとっては、既に“過去のこと”として禊を済ませてあるような感覚で居ても、世間というのは、或いは大衆というのは、なかなかに“忘れてくれない”ものなのだ。だからむしろ、自分の“過去”から抹消してしまいたいような事件や事柄をほうふつとさせるような人物が出てきてしまった時は「私も偉そうなことは言えませんけど…」と一言添えれば良いのだ。そうすれば誰もが納得して、その人の発言を聴く。要するに「痛い人」同士が片寄せ合って生きていくようにすれば、世の中“丸く収まる”というものだ。というか、世の中の“8割方”は「痛い人」というか「叩けば埃の出る身体」である場合が多い。だから「この方も寂しいから、こういうことをしてしまうんですよね」とか「誰でも、こういう風にして自分を癒そうとする時ってありますよね」とか「人はやっぱり、自分が輝いていた時を忘れたくないんですね」とか微笑みながらやさしい表情でコメントすれば、きっと、その人の“痛いイメージ”は忘れてくれるに違いない。


最近の記事はこちら

「本能的人相学」だけは、なぜ世界共通⁉

私は以前から不思議に思っていることがある。それは、人はだれでも本能的に「人相家」として、発言したり、振る舞ったりする、ことに対してである。なぜ、何にも「人相」の勉強をしていないのに、堂々と自信をもって…続きを読む

“占い”を「哲学」にすることの「危険性」

まず誤解を避けるために、私は特定の占術家を傷つけたり、攻撃したりする気は毛頭ない。ただ根本的に“危険な部分”を孕んでいるので、それを指摘しておきたいだけだ。去年から今年にかけて占星家として知られる松村…続きを読む

昔、縁起の悪かった「元号」は変えられた⁉

記憶力があいまいで、それが日本の話だっだか、中国の話だったか、判然としない。けれども、どちらかの国で間違いなく“そういう年”は、存在している。つまり「新たな元号」に変わって、悪いこと続きで“縁起が悪い…続きを読む

81%が「自分の血液型」を知らない国

日本で「自分の血液型を知らない」というのは、何んとなく“無知なこと”のように思われがちだ。かくいう私も、多分「A型」だとは思っているのだが、それはあくまで父親と母親と兄弟の血液型からの推測で、本当のと…続きを読む

「ユニコーン」が出現する夢の意味は…⁉

たまたま「東京国立博物館」の“東洋館”にあるという「アジアの占い体験コーナー」に関しての記事を読んだ。興味深い内容で、モンゴルの「シャガイ占い」について書かれていた。羊のシャガイ(くるぶしの骨)を使っ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.