今日の迷言・余言・禁言

「的」を絞ることの重要性

現代は“情報があふれている”ので、いったん迷って“道しるべ”を失うと、何もかもが信じられなくなり、右往左往し続けて結局“自分自身をも見失って”しまうようなことになりがちなものです。古代の人々は“何も情報を持たなかった”ので、ひたすら自らの“本能”や“感覚”に頼って、手探りの中で“前に進む”しかありませんでした。「占い」は古代から現代に続く“知恵の集積”ですが、その多くは「古代の知恵」で“迷いに迷った末”に縋る「一本の命綱」として用意されているものです。したがって“ゲーム感覚”で飛びつくようなものでもないし、半信半疑で“矢継ぎ早に占う”ようなものでもありません。自分自身の中で或る程度「的」を絞り、けれども“最終判断が難しい”ような場合、占い師である前に“人間として信頼できる”真摯な占い師をもとを訪れ、祈るような気持ちの中で「古代の英知」に基づく“解決策”や“選択”に従うようにするのが本来の活用法です。


最近の記事はこちら

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

「転落死」しなかったことが奇跡⁉

欧米人の中には時々とんでもないことを思いつき、そして実行してしまう“危ない冒険野郎”がいる。12月5日に「動画サイト」に投稿され、現在は削除された「ピラミッド頂上で全裸になってSEX」動画がある。映像…続きを読む

ミャンマーの「赤い靴」

「赤い靴」という童謡を知っているだろうか。「♪赤い靴はいてた女の子…異人さんに連れられ行っちゃった」で始まる“もの哀しい曲”だ。私は幼い頃、この歌をなぜか“とても美しい歌”のように思っていた。それは多…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.