今日の迷言・余言・禁言

「的」を絞ることの重要性

現代は“情報があふれている”ので、いったん迷って“道しるべ”を失うと、何もかもが信じられなくなり、右往左往し続けて結局“自分自身をも見失って”しまうようなことになりがちなものです。古代の人々は“何も情報を持たなかった”ので、ひたすら自らの“本能”や“感覚”に頼って、手探りの中で“前に進む”しかありませんでした。「占い」は古代から現代に続く“知恵の集積”ですが、その多くは「古代の知恵」で“迷いに迷った末”に縋る「一本の命綱」として用意されているものです。したがって“ゲーム感覚”で飛びつくようなものでもないし、半信半疑で“矢継ぎ早に占う”ようなものでもありません。自分自身の中で或る程度「的」を絞り、けれども“最終判断が難しい”ような場合、占い師である前に“人間として信頼できる”真摯な占い師をもとを訪れ、祈るような気持ちの中で「古代の英知」に基づく“解決策”や“選択”に従うようにするのが本来の活用法です。


最近の記事はこちら

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.