今日の迷言・余言・禁言

「皇室」の運命が変わり始めている

皇太子さま57歳の公開映像で、あらためて、その傍に映っていた愛子さまの“激やせ”ぶりが注目された。誰がどう見ても、その変わりようは明らかである。もちろん、思春期の少女には起こりがちなことで、心身に問題がないなら心配はいらない。愛子さまの場合はどうだろう。実は、私が一番心配しているのは「日本の皇室」そのものの変化である。愛子さまの“変貌”が、今後の“皇室の運命”を変えることに繋がっていく序曲のような気がするのだ。実際、天皇の退位をどうするか、明快な解決法が見つからない。「皇室典範」についても、その改正はなかなか難しい。或る意味で「やまと」としての「日本」を、今後どうすべきかという問題でもある。つまり、国全体が「天皇」「皇室」「世継ぎ」という問題で“微妙に揺らぎ始めている”のだ。当然、その当事者である“愛子さま”が、それに無関心でいられるはずがない。つまり、愛子さまの“激やせ”は、彼女個人の問題なのではなく、実は「日本国」の“行く末”の問題なのだ。日本は永久に神々集う“やまとの国”でいられるのか、それとも神々無き“日本国”に変わろうとすべきなのか、大変難しい“岐路”に立たされている。それを具現化しているのが“愛子さまの変貌”かもしれないのだ。もし、愛子さまが男児として産まれていたなら、何ら悩むことなく青春期を過ごすことが出来たであろう。観相学的に言うと、雅子さまの“田宅”部位は、美智子さまとあまりに違いがある。“田宅”というのは、眉と目の間の部分で、俗にいう“上瞼の領域”だ。ここが“世継ぎ”という点からは重要なのだ。美智子さまの“田宅”は大変に広い。俗にいう「殿様顔」で、広大な邸宅に暮らす相である。欧米人は一般に“田宅”が狭いが、先祖代々の貴族などは“田宅”部位が広い。その点、雅子さまは“田宅”が狭いのだ。愛子さまもそうである。愛子さまの“激やせ”が、数十年経った時、広大な邸宅には暮らせぬ女性とならないことを祈るばかりだ。


最近の記事はこちら

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

超アウトな「わいせつ罪」の施行

世の中にはいろいろな趣味・嗜好の人がいて、最近はいろいろな“わいせつ犯罪”が報道されるので、滅多なことでは驚かなくなった。そういう私でも“超アウト”に感じたのが今回の逮捕劇だった。静岡県で起きた父親が…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.