今日の迷言・余言・禁言

「目的の設定」が人生を創る

何日か前、東大生が泥酔した女子学生に“わいせつ行為”を強要したとして逮捕された。最初から“わいせつ行為”をする目的で、東大の仲間と「東大誕生日研究会」というサークルを設立したらしい。そうして実際に女子学生を泥酔させ、全裸にして胸を触るとかカップラーメンを乗せるなどの行為をしたらしい。何となく、犯行の手口が“稚拙な印象”を与える。もう少し程度の低い学校の高校生などが行ったのなら「困った奴ら」で終わるのだが、東大生や東大院生の犯行ということになると、あまりにも“お粗末すぎる”印象がぬぐえない。もう一つ気になるのは「東大誕生日研究会」というサークルだ。標的となった女子学生は、多分このサークル名に惹かれたから“接近した”に違いない。このサークル名、私でも興味を持つ。かつて早稲田の「スーパーフリー」というサークルが同じような事件を起こしたが、あの時にも“興味を持ちやすい名称”だと思った。そういう意味では、何をやっているかはわからないけど“面白そう”と感じやすい名称を、思いついたのはさすがといえばさすがではある。ただ実際に“誕生日を研究している者”としては、こういう紛らわしい研究名称は困るのだ。それに、どうして本当に“誕生日の研究”をしようとはしなかったのだろう。こういう名称を使うからには、それなりに“そういう事柄”に興味を持っていたに違いない。そうであれば、なぜ“本気でそういう研究をしなかった”のだろう。最初から“わいせつ目的”だったというのが卑怯なのだ。百歩譲って、仮に最終目的が“わいせつ行為に簡単に応じてくれる女性”であったとしても、まずは“誕生日からそれが見分けられるかどうか”東大生なら研究してみようではないか。様々なデータを集めて、苦労をして、研究に研究を重ねて、そういう「誕生日」を発見できたなら、その生年月日時に見合う女性を捜し出す、最低でも“そのくらいの努力”をせずして、程度の低い高校生のような発想と行為は、迷惑以外の何物でもない。たぶん彼らは「東大に入ること」が当面の目的で、それを達成し現実的な“目標・目的”を見失ってしまったのかもしれない。けれども、本当はそこからの新たな「目的の設定」が人生を創っていくのだ。 


最近の記事はこちら

懐かしい「逃亡者」の正義感

人は根本的に“あまり変わらない”ものである。私がアメリカのTVドラマ「逃亡者」の日本語放映を最初に見たのは今から50年ほども前のことだ。このTVドラマは全米で爆発的にヒットし、それが日本でも放映され同…続きを読む

あらゆる点で「格差」が悲劇を呼ぶ

九州北部の“豪雨被害”の記憶が冷めやらない中、今度は秋田県が集中豪雨で“狙い撃ち”されている。近年になって、昔に比べて34%も集中豪雨が増えているというデータが公表されたばかりである。明らかに、日本の…続きを読む

ベストセラー作家・波木星龍の誕生?

世の中、暑くなるといろんな人が出て来る…まあ、そういうことで、ここにも一人、暑くなって“ベストセラー作家”になったかのような“勘違い男・波木星龍”が誕生している。「パピルス」という電子書籍店の“今週の…続きを読む

“ヤラセ心霊写真”は「霊」たちに失礼

世の中、一生懸命でも“中々報われない人”と、いい加減でも“スポットライトを浴びる人”とがいる。何も知らずに“TVに出てしまう人”もいれば、いつの間にか“霊に仕立てられてしまう人”もいる。7月19日TB…続きを読む

「偶像」を禁じながら「偶像」しか許さない矛盾

サウジアラビアでSNSにミニスカート姿で街を歩いた動画を載せた女性が逮捕された。イスラム教国でなければ、何ら問題の無い“後ろ姿”の動画である。サウジアラビアというのは、同じイスラム教国でも比較的“原典…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.