今日の迷言・余言・禁言

「目的の設定」が人生を創る

何日か前、東大生が泥酔した女子学生に“わいせつ行為”を強要したとして逮捕された。最初から“わいせつ行為”をする目的で、東大の仲間と「東大誕生日研究会」というサークルを設立したらしい。そうして実際に女子学生を泥酔させ、全裸にして胸を触るとかカップラーメンを乗せるなどの行為をしたらしい。何となく、犯行の手口が“稚拙な印象”を与える。もう少し程度の低い学校の高校生などが行ったのなら「困った奴ら」で終わるのだが、東大生や東大院生の犯行ということになると、あまりにも“お粗末すぎる”印象がぬぐえない。もう一つ気になるのは「東大誕生日研究会」というサークルだ。標的となった女子学生は、多分このサークル名に惹かれたから“接近した”に違いない。このサークル名、私でも興味を持つ。かつて早稲田の「スーパーフリー」というサークルが同じような事件を起こしたが、あの時にも“興味を持ちやすい名称”だと思った。そういう意味では、何をやっているかはわからないけど“面白そう”と感じやすい名称を、思いついたのはさすがといえばさすがではある。ただ実際に“誕生日を研究している者”としては、こういう紛らわしい研究名称は困るのだ。それに、どうして本当に“誕生日の研究”をしようとはしなかったのだろう。こういう名称を使うからには、それなりに“そういう事柄”に興味を持っていたに違いない。そうであれば、なぜ“本気でそういう研究をしなかった”のだろう。最初から“わいせつ目的”だったというのが卑怯なのだ。百歩譲って、仮に最終目的が“わいせつ行為に簡単に応じてくれる女性”であったとしても、まずは“誕生日からそれが見分けられるかどうか”東大生なら研究してみようではないか。様々なデータを集めて、苦労をして、研究に研究を重ねて、そういう「誕生日」を発見できたなら、その生年月日時に見合う女性を捜し出す、最低でも“そのくらいの努力”をせずして、程度の低い高校生のような発想と行為は、迷惑以外の何物でもない。たぶん彼らは「東大に入ること」が当面の目的で、それを達成し現実的な“目標・目的”を見失ってしまったのかもしれない。けれども、本当はそこからの新たな「目的の設定」が人生を創っていくのだ。 


最近の記事はこちら

人は「生まれて来る環境」を選べない

どんな両親から生まれたか、どんな環境のもとに生まれ育ったか、時々、人はそれを考える。一冊の興味深い自伝が出版されていた。死刑囚・麻原彰晃こと松本智津夫の三女として産まれた松本麗華さんの回想記『止まった…続きを読む

“7000体の遺体”の上に“医療センター”がある

昔『ミステリーゾーン』という雑誌があった。なかなかマニアックな雑誌で気に入っていたのだが、三年ほどで廃刊となった。後に、その編集者だった男性と出逢って、占いに関する執筆をいろいろと依頼された。あの雑誌…続きを読む

何が「チャンスの女神」か、誰にも解からない

世の中には簡単には“評価できない職業”というものがある。“俳優・タレント”という職業も評価が難しい。週三日・不動産会社の事務をして生計を立てている“女優・タレント”多岐川華子さんも、そういう一人だ。こ…続きを読む

本田&家長→同一生年月日の謎

日本人のプロサッカー選手で世界的に名を知られている選手の一人、それが本田圭佑氏だ。その本田選手が、在籍する“ACミラン”との契約終了に付き移籍することを自ら公表した。実は同じく今年、国内だが“大宮”か…続きを読む

本当に「心の狭い神」なのか

今、アメリカでは「スカーフをしていなかった」ことが論議をかもしている。ハッキリ言って、どうでも良いようなことだ。つまり、サウジアラビアを訪問中のトランプ大統領メラニア夫人がスカーフなしで公式の場に参列…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.