今日の迷言・余言・禁言

「眉」と「法令線」は、どう反応するか

謝罪会見で“その眉の形の変化”が注目を集めた豊田真由子氏…元々名前に「まゆ」という文字が入っている。多くの方は、本来の彼女の眉について“極端に尻上がりの眉”で攻撃的な印象を与えるので、謝罪会見の時にはその印象を薄めるために“眉間を広く”し、どちらかと言えば女性らしく見える(?)“三日月形に近い眉”を心掛けたかのように捉えていた。確かに、本能的だったとしても、そういう意識が潜んでいたことは間違いがない。ただ私には本来の眉の後半部分を“削いでしまった”ようにも見え、その点が気になった。眉の後半部分を意図的に毛を抜くとか削いでしまうと、金運に影響が出る。金運が乏しくなってしまうのだ。実際、今回の選挙では“無所属の立候補”となっているので資金的にも苦しいはずである。同じように今回の選挙で“無所属の出馬”となった山尾志桜里氏にもそれは言える。二人とも43歳だが“予期せぬスキャンダル”によって“エリートコース”を外れてしまった。共に東大を出ている秀才である。彼女たちにとって、このような出来事が起きるとは夢にも思わなかったことだろう。しかも、二人ともに自分の“政治家としての失敗”ではなかった。人生というのは、面白いもので、どんなに才能があっても、だから“人生の挫折”に出逢わないかというと、そうではないのだ。まったく予想外の処から“人生のひび割れ”は始まる。そういう意味では「運命」というのは平等なのである。それでは、今後の二人の人生は“坂道を転がり落ちる”ばかりなのだろうか。ところが、そうとも言えない。ここが「運命」の不思議なところでもある。彼女たちは一時的に“挫折”を味わうだろうが、やがて必ず、立ち上がってくる。特に豊田真由子氏は「法令線」が目につくほどクッキリしている。こういう人は“仕事命”なのだ。彼女は今回も立候補を見送らなかった。とても勝てそうな選挙ではない。それなのに、何んと9月22日から毎日、街頭に立って頭を下げ、涙で演説していたのだ。たとえそれが“演技”だとしても、なかなか出来ることではない。これは“政治”を自分の“天職”として意識している証拠である。だから今回は落ちたとしても、やがて必ず復職するだろう。或いは“政治評論家”のような立場で政治に関わるだろう。ちなみに、法令線とは元々が“命令発布の線”であり、役職についている者が目下に対し指示を促す線なのだ。そういう意味だけからいえば、彼女の“命令発布”はヒステリックな暴言でしかないが、与えられた職務の遂行という点からいえば「管理者の相」を見事演じていたことに間違いはない。


最近の記事はこちら

ややこしい「X」という“第3の性”

最近は「LGBT」という用語も頻繁に見かけるようになって、説明の必要がなくなりつつある。要するに“広義の同性愛的”生き方を求める人たちの総称である。ところが、ここにきて「もう一つの形」が加わりそうなの…続きを読む

「逆イールド」が日本株を急落させる⁉

今年の1月5日、私は今年の「日本株」がドル円相場や原油価格が落ち着くまでは、完全な“上昇気流”に乗ることは難しくアップダウンの激しい相場展開になるだろうことを予告した。ドル円相場では1ドル113円台に…続きを読む

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.