今日の迷言・余言・禁言

「眉」と「法令線」は、どう反応するか

謝罪会見で“その眉の形の変化”が注目を集めた豊田真由子氏…元々名前に「まゆ」という文字が入っている。多くの方は、本来の彼女の眉について“極端に尻上がりの眉”で攻撃的な印象を与えるので、謝罪会見の時にはその印象を薄めるために“眉間を広く”し、どちらかと言えば女性らしく見える(?)“三日月形に近い眉”を心掛けたかのように捉えていた。確かに、本能的だったとしても、そういう意識が潜んでいたことは間違いがない。ただ私には本来の眉の後半部分を“削いでしまった”ようにも見え、その点が気になった。眉の後半部分を意図的に毛を抜くとか削いでしまうと、金運に影響が出る。金運が乏しくなってしまうのだ。実際、今回の選挙では“無所属の立候補”となっているので資金的にも苦しいはずである。同じように今回の選挙で“無所属の出馬”となった山尾志桜里氏にもそれは言える。二人とも43歳だが“予期せぬスキャンダル”によって“エリートコース”を外れてしまった。共に東大を出ている秀才である。彼女たちにとって、このような出来事が起きるとは夢にも思わなかったことだろう。しかも、二人ともに自分の“政治家としての失敗”ではなかった。人生というのは、面白いもので、どんなに才能があっても、だから“人生の挫折”に出逢わないかというと、そうではないのだ。まったく予想外の処から“人生のひび割れ”は始まる。そういう意味では「運命」というのは平等なのである。それでは、今後の二人の人生は“坂道を転がり落ちる”ばかりなのだろうか。ところが、そうとも言えない。ここが「運命」の不思議なところでもある。彼女たちは一時的に“挫折”を味わうだろうが、やがて必ず、立ち上がってくる。特に豊田真由子氏は「法令線」が目につくほどクッキリしている。こういう人は“仕事命”なのだ。彼女は今回も立候補を見送らなかった。とても勝てそうな選挙ではない。それなのに、何んと9月22日から毎日、街頭に立って頭を下げ、涙で演説していたのだ。たとえそれが“演技”だとしても、なかなか出来ることではない。これは“政治”を自分の“天職”として意識している証拠である。だから今回は落ちたとしても、やがて必ず復職するだろう。或いは“政治評論家”のような立場で政治に関わるだろう。ちなみに、法令線とは元々が“命令発布の線”であり、役職についている者が目下に対し指示を促す線なのだ。そういう意味だけからいえば、彼女の“命令発布”はヒステリックな暴言でしかないが、与えられた職務の遂行という点からいえば「管理者の相」を見事演じていたことに間違いはない。


最近の記事はこちら

体外受精で毎年5万人以上が産れている

予想外に多いものの一つが「体外受精」だ。つまり、SEX無しで産れて来る子供。毎年、5万人以上もいたのだ。良く言えば“未来的な妊娠・出産”。悪く言えば“愛の伴わない妊娠・出産”。いや、正確に言えば“肉体…続きを読む

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.