今日の迷言・余言・禁言

「知事たち」の体調を、なぜ心配しないのか

いつも思うことだが、マスコミというのはどうしてすぐ一方に流れようとするのだろう。最近は“安倍総理の体調”を不安視する内容の記事がやたら多い。もちろん安倍総理は疲れているに違いない。体調だって万全とは言えないだろう。けれども、今の世界情勢は“世界中のトップ”が、いずれも身体を張って頑張っている。誰が特にどうだというような状況ではない。みんな疲れているのだ。けれども、疲れているのは“国のトップ”だけではない。日本の場合で言えば、それぞれの都道府県知事たちが、みんな疲れている。昨日、久しぶりにマスクを外した東京都知事の顔貌を見たが、とても疲れている印象を受けた。確かに、連日、東京都の“コロナ感染者数”がトップニュースとして報道される。さまざまな業界がもはや“瀕死の状態”にある。初めて都知事に就任した時、誰がこのような“苦悩する知事”を連想しただろうか。けれども、それは東京都の知事だけの姿ではない。大阪もそうだし、愛知もそうだし、福岡もそうだし、沖縄もそうだし、わが北海道だってそうなのだ。北海道の鈴木知事は昨日、マスクに加えて眼帯をかけニュースに登場した。観ようによっては、顔の7割が“真っ白”になり、けが人のようにも見える。それぞれの知事が“コロナ問題”に必死なのは、経済の問題が重くのしかかりつつあるからだ。「生命」も守らなければならないが「経済」も守らなければならない。或る意味では、これまでの行政と違って、各都道府県の“違い”や“特性”が、舵取りいかんで「吉」にも「凶」にも大きく変貌する。全責任が“県知事の決断”一つに掛かっているのだ。極端な話、知事の仕事というのは、これまでなら或る程度決まっていた。自分自身は「県の顔」として動けばよい部分もあった。けれども、今回はそうではない。なにしろすべてが“未知”なのだ。誰も確かなアドバイスをできない。だから自分で考え、自分で判断するしかない。文字通り「県民の命と財産を守る仕事」そういう本来の知事としての役割を果たさなければならないのだ。みんな疲れて来たのは当たり前である。けれども、国のトップのように、その体調を気遣ってくれるマスコミはいない。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.