今日の迷言・余言・禁言

「石打ち」による死刑だけは、ご勘弁を⁉

多くの人は勘違いしているが「時代」というのは必ずしも“前に進んでいく”だけのものではない。時には、後ろに“後ずさり”していくこともある。そういう繰り返しの中で「歴史」が形作られる。だから、そういう点から言えば、4月3日にブルネイ王国で発効された「新刑法」は“後ずさり型”ではあっても「時代」的にはまともな動きなのだ。東南アジアだが、日本人が訪れることは滅多にないのがブルネイ王国だ。私自身も行ったことがない。一度、行こうかと計画したが、日本からの場合、直接は行けないのだ。確かマレーシア(?)を経由しなければならなかったはずだ。今も王国であり、厳格なイスラム法が施行されている国の一つだ。現在、世界には数多くの“イスラム教国”が存在しているが、比較的“ゆるいイスラム教”の国と“強固なイスラム教”の国に分かれる。ブルネイは後者の方だ。だから「新刑法」では“予言者ムハンマドへの侮辱”も「死刑」の対象となる。怖いのだ。大体“侮辱”の境界線があいまいである。向こうで「インチキ預言者」などと書こうものなら、きっと逮捕され死刑にされてしまうに違いない。死刑にもいろいろあるが、イスラム教で用いる死刑には「石打ち」がある。大衆の面前で本当に石をぶつけて殺してしまうのだ。そんな痛い想いをして殺されるなんて、私には耐えられない。せめて、それだけはご勘弁を…と許しを願うのに違いない。けれども、それは認められず、容赦なく石をぶつけられ、顔面がぐちゃぐちゃになって倒れ込み、それでも頭から石をぶつけられ、頭蓋骨が壊れて亡くなっていくのだ。なんと残酷な死刑であることか。ちなみに「不倫」でも「同性間性交渉」でも、石打ち刑は適用される。だから日本人の場合、あふれるほどの人達が「石打ち」で死んでいくのだ。「不倫は文化」(古い)などと言っていられない。「文春砲」で終わりではないのだ。確か不倫の場合は、双方とも「石打ち」に遭う。よく「痛い想いをしなければわからない」という言葉があるが、分かった時には死んでしまうのだ。とにかく今のブルネイは、日本人が“暮らしてはいけない国”のような気がする。


最近の記事はこちら

習近平&トランプ「暴露本」で、勝つのはどっち⁉

アメリカと中国の貿易戦争が“休戦中”の今、にわかに注目され出したのが「習近平氏の暴露本が出る」という話題だ。もちろん、中国ではなくてアメリカで出る。元々は2015年に香港の銅羅湾書店というところから出…続きを読む

眼が“斜め型”女性の「危険なアルバイト」

一般的な日本人にとって「爬虫類」は“怖い生き物”、或いは“気味の悪い生き物”の印象が強い。私は爬虫類でなくても動物は苦手だが、そういう“生き物”を怖がらない人たちもいる。彼女の場合も、おそらくそうであ…続きを読む

男性社員たちの「奇妙な追悼」の違和感

ときどき私には「理解不能」としか言いようのない出来事が“芸能界”では起こる。例えば過日亡くなった芸能事務所社長・ジャニー喜多川氏に対して、その所属していたタレントたち、要するに男性社員たちなのだが、そ…続きを読む

「優秀な外人」と「粗悪な外人」に挟まれながら…

昨日、今後の日本を考える上で貴重なデータが公表された。十年連続で人口減となったが、その比率は徐々に拡大している。つまり「少子化問題」は待ったなしなのだ。そこでというわけでもないのだろうが、外国人の比率…続きを読む

「アイドル」で“失ったもの”は、もう戻らない

「或る朝、眼が覚めると、僕は有名になっていた」とは詩人バイロンの言葉だが、似たような雰囲気で日本のアイドル達も誕生していく。それは或る意味で、夢見る少女たちにとって“シンデレラ物語”のように魅惑的であ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.