今日の迷言・余言・禁言

「石打ち」による死刑だけは、ご勘弁を⁉

多くの人は勘違いしているが「時代」というのは必ずしも“前に進んでいく”だけのものではない。時には、後ろに“後ずさり”していくこともある。そういう繰り返しの中で「歴史」が形作られる。だから、そういう点から言えば、4月3日にブルネイ王国で発効された「新刑法」は“後ずさり型”ではあっても「時代」的にはまともな動きなのだ。東南アジアだが、日本人が訪れることは滅多にないのがブルネイ王国だ。私自身も行ったことがない。一度、行こうかと計画したが、日本からの場合、直接は行けないのだ。確かマレーシア(?)を経由しなければならなかったはずだ。今も王国であり、厳格なイスラム法が施行されている国の一つだ。現在、世界には数多くの“イスラム教国”が存在しているが、比較的“ゆるいイスラム教”の国と“強固なイスラム教”の国に分かれる。ブルネイは後者の方だ。だから「新刑法」では“予言者ムハンマドへの侮辱”も「死刑」の対象となる。怖いのだ。大体“侮辱”の境界線があいまいである。向こうで「インチキ預言者」などと書こうものなら、きっと逮捕され死刑にされてしまうに違いない。死刑にもいろいろあるが、イスラム教で用いる死刑には「石打ち」がある。大衆の面前で本当に石をぶつけて殺してしまうのだ。そんな痛い想いをして殺されるなんて、私には耐えられない。せめて、それだけはご勘弁を…と許しを願うのに違いない。けれども、それは認められず、容赦なく石をぶつけられ、顔面がぐちゃぐちゃになって倒れ込み、それでも頭から石をぶつけられ、頭蓋骨が壊れて亡くなっていくのだ。なんと残酷な死刑であることか。ちなみに「不倫」でも「同性間性交渉」でも、石打ち刑は適用される。だから日本人の場合、あふれるほどの人達が「石打ち」で死んでいくのだ。「不倫は文化」(古い)などと言っていられない。「文春砲」で終わりではないのだ。確か不倫の場合は、双方とも「石打ち」に遭う。よく「痛い想いをしなければわからない」という言葉があるが、分かった時には死んでしまうのだ。とにかく今のブルネイは、日本人が“暮らしてはいけない国”のような気がする。


最近の記事はこちら

中途半端な「二番底」が危ない

ニューヨーク「ダウ」の株価が急落している。一時900ドル以上も下落した。俗にいう「二番底」の到来である。ただ、今回の「二番底」はタチが悪い。じわじわと下落し、その後で一気に下落した。こういう落ち方が、…続きを読む

不気味な「予言論文」が示唆する「次のコロナ」

都市伝説的に過去の時代「既にそれは予言されていた」という出来事がしばしば存在する。そういう可能性を秘めている“不気味な医学論文”が存在する。それは医学の専門誌で2008年に発表された8人の連名研究者に…続きを読む

「才能発揮」には忍耐強さも必要

昨日、毎年行われる「プロ野球ドラフト会議」が行われた。新人選手に対する“スカウト交渉権”を得るための場だが、今年の場合さまざまな面でいつもとは異なり、異色のドラフト会議になった。私が何よりも感じたのは…続きを読む

混乱の「大阪都構想」“言い出しっぺ”は居ない

11月の1日に“住民投開票”が行われる「大阪都構想」の“賛・否”が揺れに揺れている。住民自体の意見が「真っ二つに割れている」のが現状のようだ。アンケート調査を行っても、年代別、男女別、政党支持別で、そ…続きを読む

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.