今日の迷言・余言・禁言

「私はオバさんになったけど」ミニは穿いてる⁉

今月26日から21年ぶりに全国ツアーを行っている歌手がいる。50歳直前の森高千里氏だ。大昔、人形のような“美しい肢”と“鼻にかかった甘い声”で一世を風靡した歌手だ。超ミニスカート姿で「私がオバさんになっても」という歌を歌った。その歌詞の中には「ミニスカートはとてもムリよ 若い子には負けるわ」という一節がある。あの頃、誰もが彼女自身の作詞であるこの歌の内容は、そのまま現実のものとなるだろうと予感した。しばらくして彼女は結婚をした。そうして、いつの間にか3人もの子供の母親となっていた。文字通り「オバさん」になったのだ。ところが、その後になってCM等で復活している内に、再び歌手として歌うようにもなった。ファンの要望に応えるかのようにミニスカートでステージに立ったのだ。今回のツアーでは、あのころに比べれば若干短さは不足しているが、キラキラのミニスカート姿で50歳を過ぎてもステージに立つことを約束した。この人はデビュー当時から、自分に何が望まれているのかを知っていた。自らが作詞した歌の中に「のぞかないで」という歌がある。私は、この歌を初めて有線で聴いた時、鼻にかかった甘い声で、こういう歌詞を自ら書き、そして自ら歌えることに心底驚いたものだ。ちょっと突き放したように「のぞかないでよ ドスケベ それじゃチカンと同じよ (中略) のぞかせないわ意地でも」このような今なら“炎上”しそうな内容を、自ら歌詞にして歌ったのだ。おそらく、その頃にファンだった人たちが今回のツアーでは大挙押し寄せることだろう。沢田研二氏がアイドル時代とは“大きく変貌した姿”でステージに立つのとは大違いである。もちろん、人は誰でも齢を採る。そして、嫌でも容貌は変化していく。けれども、本当のアイドルとは、あの頃の記憶や感覚を“呼び戻してくれる人”なのだ。決して現在の“姿”を求めているわけではない。或る意味で「新曲」など不要なのだ。あの頃のあの歌。あの頃の“あの姿”こそ、多少は崩れていても、その当時のファンたちが酔いしれたい本当のスターの姿なのだ。


最近の記事はこちら

「法律改正」が間に合わなくなる日

或るTV番組で「昭和」の時代には存在し「平成」の時代には“見かけなくなった品物”を特集していた。確かに、そういうものは多い。そして、それらの多くを私は見忘れていて、どういう役割を持つものだったのか、分…続きを読む

「教祖」で「歌手」で「会長」と呼ばれた男

13000人の出資者から総額460億円を“だまし取った容疑”で逮捕された「田中正人」こと「銅子正人」41歳。一応「テキシアジャパン」という投資コンサルティング会社の会長とされる人物である。だが、この人…続きを読む

「田んぼ」は「銀座」となり、また「田んぼ」に還る⁉

三重県津市に通称「レオパレス銀座」と呼ばれる地域がある。不動産会社レオパレス21が建築した“同じような形状のアパート”が乱立している。およそ1キロ四方の区域内に40棟ものレオパレス物件が並んでいる。け…続きを読む

同一の年齢と病気、同一アスペクトからの復活

昨年の「アジア大会」で6冠を達成した“競泳界のホープ”池江璃花子氏が白血病で緊急入院となった。私は以前、ブログの中で彼女の姓名について「池」も「江」も共に“水中”を表わす文字で「璃」は元々“青い宝石”…続きを読む

日本の“奥深さ”を表わす「日向」

私もつい最近知ったばかりだった「欅坂46」と「けやき坂46」の違い。それまで私は“同じグループ”だとばかり思っていた。ただ、それにしてはなぜ「欅坂46」と漢字表記したり「けやき坂46」とひらがな表記し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.