今日の迷言・余言・禁言

「空」からの季節

「立春」を過ぎて「春分」が近づくにつれ、早朝の空が徐々に「明るさ」を増してきている。私が暮らす北海道の場合、“2月の終わり”でも“冬の終わり”ではなく、気温の実感としてはまだまだ“冬の後半”でしかない。高層階の窓から見える風景も「白一色」でどこにも「緑」はなく、“溶け出す雪”と“降り積もる雪”とが見事にせめぎ合っている。ただ「空」だけが、季節を先取りするかのように青くなって、“春色”としての「青」になって、地上の植物たちに“先んじて”いる。そういう風に、われわれの「運命」にも、実際の生活に先行して訪れる「予兆」と呼ばれる現象がある。多くの人達は“それ”を見逃すのだが、そういうものは確実にあって、特に「不幸の真っただ中」に居て苦悶し続けている時、“微かな光明”を感じさせる現象が起こる。それは多く「幻覚」のように起こる。ただ単に「花々が美しい」とか、「人々がやさしい」とか、「空気がおいしい」とか、そんな些細な“一瞬の出来事”なのだが、その一瞬の感覚こそ正に「予兆」であって、それからほどなくして“実際の生活”の中にも、苦境を脱出する“決定的な出来事”がもたらされてくるものなのである。


最近の記事はこちら

「死刑囚」が“自ら告白”の殺人事件は「無罪」

ややこしい事件というのがある。昨日「無罪判決」が下されたのは“二件の殺人事件”に対してである。それも、自らが手紙の中で“告白”してきた殺人なのだ。つまり自分が20年以上前に殺していたと“懺悔的に告白”…続きを読む

「福袋」じゃない「福袋」が売られている

時の流れは、嫌でも物事を“変遷”させていく。正月特有の風物も徐々に姿を変えていく。ビッグカメラは、早くも「2019年福袋」を売り出し始めた。正月より20日も前から「福袋」を売り出すということ自体にも、…続きを読む

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.