今日の迷言・余言・禁言

「空白の日々」が“値千金”に変わる時

人生は思い通りになるものではない。そんなことは言われなくても誰もが知っている。長い人生には“自分の無力さ”を痛感する時期が必ずある。だから人生は“薄っぺら”なものにはならない。何もかも“思い通り”になっていたら、人間としての成長もなく、これほどつまらない人生はない。そうは言っても、思い通りにならない時期が長く続くと、それはそれで煩悶するものだ。先の見えない日々が不安となり、自信を喪失し始めるものだ。今年の5月19日に生番組で救急搬送され、その後、すべての番組を休養することになった小林麻耶さんの場合、いったい誰が“こんなに長期間”の休養になると思ったことだろう。多分、本人自身が一番驚いているのかもしれない。もちろん、麻耶さんの場合、妹の麻央さんが“がん闘病中”であったことが公表され、その看病が一番の“精神的負担”となったことは間違いがない。ただ仲の良かった姉妹は“妹の病気”を肩代わりできないもどかしさから、自らの“潜在的な病”を引き出すことになってしまったような気がする。久しぶりのブログの中で麻耶さんは「一体いつまで休むことになるのだろう」と記し、さらに「働けるようになるのだろうか」と不安をのぞかせている。仲の良かった姉妹は、多分、妹・麻央さんの病状に重ね合わせるようになっているので当分の間、復帰は無理である。仲の良かった兄弟・姉妹・親子・夫婦・親友は時々そういうことが起こる。だから本当は「麻央のためなら命だってあげられる」と著書の中で記していたのは問題なのである。もっとも、実際には“命まで取られる”ようなことはない。ただ今年いっぱいは休養した方が良い。おそらく、彼女自身は「空白の日々」となっていること自体に驚き、焦り、不安となっているかもしれないが、心身の区切りがつけば黙っていても回復していく。そして、このような日々を送ったことが、後になって必ず役に立ってくるのだ。“人間としての深み”が生まれ、精神的な方面への理解力と“癒しの雰囲気”が備わってくるようになるものだ。だから、心配することなく、“新たな出番”が来るのを待っていれば良い。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.