今日の迷言・余言・禁言

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリュウグウノツカイを漁船が偶然捕獲した。何しろ「幻の深海魚」と呼ばれているくらいだから、それに暖かい地域の深海魚でもあるので、日本の近海で観られることは滅多にない。魚類だが、やや“人面魚風”の顔立ちをしている。そして長い背びれも特徴だ。一説には、これらから“深海に棲む乙姫が遣わした者”という意味で「竜宮の遣い」と名付けられたという言い伝えがある。そして「浦島太郎伝説」そのままに、これを見た人は“豪華絢爛な暮らし”を手に入れられるという話と、その地域に“大きな災いが降りかかる”前兆だという話の二つがある。実は昨日は、阪神淡路大震災から24年目の記念日だった。そういう日にリュウグウノツカイが捕獲された。確かに、深海魚であるから、浅瀬に上って来るのは異様な事態なのだ。ネガティヴに捉えれば、深海でプレートが大きくズレる時、それを察知して逃げ出した結果だと考えられなくもない。その一方で「竜宮の遣い」というくらいであるから、浦島太郎のように“夢見ごごちな日々”を与えられる前兆として出現したのだと言い聞かせたい気持ちも解かる。さて、どっちが正解なのか。一つだけ問題なのは、浦島太郎は「玉手箱」を開けて、おじいさんになってしまったことだ。元々“おじいさん”に近い私は、“あの世”から迎えが来るのではないのか。そう言えばむかし死にかけた時、現れたのは鎧兜に身を固めた武将だった。鎧兜の武将に手を引かれて、三途の川を渡りかけたのだ。今書きかけの本があるので、せめてそれを書き上げてからにしてくれないと困る。そう言えば、年末に私を訪ねて来た“占いコンテンツ”会社の社長がいるのだが、私との“約束”を破って、その後は何の音さたもない。もしかして彼は、既に竜宮の方へと旅立ってしまったのではないか。


最近の記事はこちら

「癒しのジョーク」か⁉「人騒がせ」か⁉

もしもあなたが知人の葬儀に参列していて、その途中で故人の棺桶の中から「お~い、お~い、ここから出してくれ!」という声が聴こえたなら、どうするだろう。もちろん、その場は一瞬、凍り付いた。誰もが、けげんな…続きを読む

“怪しい運動”がBBCで「100人の女性」と評価⁉

欧米人と日本人とでは「評価の基準が異なる」と感じることは多い。英BBCが毎年行っている“人々に感動や影響を与えた”世界各国の「100人の女性」の発表が10月16日に行われ、日本では“女相撲”の復活に取…続きを読む

コンビニもタクシーも「無人」に変わる日

最近は日本のスーパーでも“無人のレジ”が出現し始めている。日本の場合はまだ店内を見渡せば必ず店員さんがいるから良いようなもののアメリカのように“完全無人化の店”が出来始めるのも時間の問題なのかもしれな…続きを読む

「天災」と「死後生命」の不思議

東日本大震災以降「似顔絵ボランティア」を続けて来たイラストレーターの森琢磨氏(46歳)が10月14日に亡くなった。今年2月に「肺がん」が発覚し、その後は闘病が続いていた。彼が東北各県で“似顔絵”をプレ…続きを読む

“無記名書き込み”が「死」を招く

韓国芸能界では、同じような事件があまりにも多い。昨日、ソウル近郊の自宅で、元ガールズグループ“f(x)”で現在は女優主体に活動するソルリ氏(25歳)の自殺遺体が発見された。連絡しても反応がないのに不信…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.