今日の迷言・余言・禁言

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリュウグウノツカイを漁船が偶然捕獲した。何しろ「幻の深海魚」と呼ばれているくらいだから、それに暖かい地域の深海魚でもあるので、日本の近海で観られることは滅多にない。魚類だが、やや“人面魚風”の顔立ちをしている。そして長い背びれも特徴だ。一説には、これらから“深海に棲む乙姫が遣わした者”という意味で「竜宮の遣い」と名付けられたという言い伝えがある。そして「浦島太郎伝説」そのままに、これを見た人は“豪華絢爛な暮らし”を手に入れられるという話と、その地域に“大きな災いが降りかかる”前兆だという話の二つがある。実は昨日は、阪神淡路大震災から24年目の記念日だった。そういう日にリュウグウノツカイが捕獲された。確かに、深海魚であるから、浅瀬に上って来るのは異様な事態なのだ。ネガティヴに捉えれば、深海でプレートが大きくズレる時、それを察知して逃げ出した結果だと考えられなくもない。その一方で「竜宮の遣い」というくらいであるから、浦島太郎のように“夢見ごごちな日々”を与えられる前兆として出現したのだと言い聞かせたい気持ちも解かる。さて、どっちが正解なのか。一つだけ問題なのは、浦島太郎は「玉手箱」を開けて、おじいさんになってしまったことだ。元々“おじいさん”に近い私は、“あの世”から迎えが来るのではないのか。そう言えばむかし死にかけた時、現れたのは鎧兜に身を固めた武将だった。鎧兜の武将に手を引かれて、三途の川を渡りかけたのだ。今書きかけの本があるので、せめてそれを書き上げてからにしてくれないと困る。そう言えば、年末に私を訪ねて来た“占いコンテンツ”会社の社長がいるのだが、私との“約束”を破って、その後は何の音さたもない。もしかして彼は、既に竜宮の方へと旅立ってしまったのではないか。


最近の記事はこちら

「本能的人相学」だけは、なぜ世界共通⁉

私は以前から不思議に思っていることがある。それは、人はだれでも本能的に「人相家」として、発言したり、振る舞ったりする、ことに対してである。なぜ、何にも「人相」の勉強をしていないのに、堂々と自信をもって…続きを読む

“占い”を「哲学」にすることの「危険性」

まず誤解を避けるために、私は特定の占術家を傷つけたり、攻撃したりする気は毛頭ない。ただ根本的に“危険な部分”を孕んでいるので、それを指摘しておきたいだけだ。去年から今年にかけて占星家として知られる松村…続きを読む

昔、縁起の悪かった「元号」は変えられた⁉

記憶力があいまいで、それが日本の話だっだか、中国の話だったか、判然としない。けれども、どちらかの国で間違いなく“そういう年”は、存在している。つまり「新たな元号」に変わって、悪いこと続きで“縁起が悪い…続きを読む

81%が「自分の血液型」を知らない国

日本で「自分の血液型を知らない」というのは、何んとなく“無知なこと”のように思われがちだ。かくいう私も、多分「A型」だとは思っているのだが、それはあくまで父親と母親と兄弟の血液型からの推測で、本当のと…続きを読む

「ユニコーン」が出現する夢の意味は…⁉

たまたま「東京国立博物館」の“東洋館”にあるという「アジアの占い体験コーナー」に関しての記事を読んだ。興味深い内容で、モンゴルの「シャガイ占い」について書かれていた。羊のシャガイ(くるぶしの骨)を使っ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.