今日の迷言・余言・禁言

「素晴らしい貢献」と「疑問符が付く貢献」

世の中にはさまざまな形で「社会貢献」を行っている人がいる。その中には、第三者的な立場から見て“素晴らしい”と拍手を送りたくなるような貢献の仕方もあれば、なんとなく“首を傾げてしまう”貢献の仕方もある。まずは拍手を送りたくなるような貢献の仕方で、俳優の志尊淳氏が、日本赤十字社と共同募金会とに対して合わせて1000万円の寄付金を贈った。彼は“コロナ騒動”の中で、自分に何が出来るかを考え「志尊の自粛部屋」を立ち上げる。その中で、自らが「きぼうのあしおと」という楽曲を制作・配信するとか、自らのオリジナルTシャツを制作・販売するとかして、その収益から寄付金を集めたのだ。そうして医療関係者へ役立ててほしいとの願いから間違いのないところへと寄付した。この行動のすべてが、芸能人の対応として本当に素晴らしい。芸能人の中には“政府を批判”するような人も多いが、それを行ったからと言って解決できるような問題ではない。その点で彼のように、芸能人にしかできない形で、社会貢献をしていくのは本当に素晴らしい。私が素晴らしいと思うのは、この人は偽善でやっているのではなく、日頃からそういう意識の中で生活していることが感じられるからだ。よく有名人の中には“税金対策の一環”として社会貢献している人たちがいる。どうせ税金で持っていかれるくらいなら、寄付でもしておこうか、というような人達である。もちろん、それでも貢献は貢献なのだが、何かが違う。同じ日に、海外から、興味深いニュースが入った。ロッキー山脈の山中に“宝探し”を仕掛けていた美術商のフォレスト・フェン氏(89歳)が、自らの宝石箱が発見されたと報告したのだ。十年以上も前に隠しておいたその場所から、無事、発見した人物が匿名でそれを“写真付きの報告と感謝”を伝えて来たというのだ。ただ、この美術商は「リーマンショックに負けないでほしい」という気持ちから“宝探し”を思いついたというが、ヒントは当時発売した自伝の中にある―ということで、その本を買わなければ“宝探し”が出来ないようになっていた。実際、“宝石箱”を目当てに、多くの人が仕事を辞めてロッキーに挑んだり、その途中で命を失ったりもしている。勝手に仕事を辞めて“宝探し”をすること自体にも問題はあるが、そういう“仕掛け”を社会貢献と言い切ることにも疑問符が付く。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.