今日の迷言・余言・禁言

「経営手腕」という“謎”の能力

最近、芸能人やスポーツ選手などが“副業”を始めるケースが多い。その一方で、これまで経営してきたお店を“閉店する”人達もいる。昨日モデルでタレントの梨花氏が自ら立ち上げたブランドショップ6店すべてを年内閉鎖すると宣言した。2012年4月に代官山で1号店をスタートさせてから7年目に当たる。商売というのは不思議なもので、①“開店”或いは“創業”時は閑散としていて閑古鳥が鳴いていても徐々に活性化していく店、②“開店”或いは“創業”時は長蛇の列ができ大盛況だったのに気付かぬうち無くなっている店、③創業当時から特別大繁盛するでもないが比較的むらなく商売が続いている店、④最初から繁盛していてその勢いが途切れない店、⑤最初から閑散としていてそのまま消えていく店……大体この五つのパターンが商売・事業の定番のようである。芸能人など有名人が手掛けるお店というのは②となるケースが多い。それは経営者が“有名”だったり“人気者”だったりすることで、宣伝不要で世間に浸透しやすく、好奇心も手伝ってどんな店なのか訪れる客が多いからである。ただ飲食店であれ、アパレルであれ、常に“看板”となる人物が店に居るわけではない。最終的には“中身で勝負”しなければならない。したがって商品の中身が良くなければ、早い店だと半年くらいで閉店に追い込まれたりもする。特にファッション系の店は見限られることが早い。そういう点では、6店舗も出して7年も継続したのは“経営者”として手腕があったということになる。経営という観点から言えば、もちろん④が理想だが、そういう店や企業など滅多にない。それに、そういうところは経営者の力というより「運」に恵まれてスタートした場合が多い。経営手腕という観点から言えば、①こそ凄腕経営者なのだ。どうすれば店として成り立つか、客を惹きつけられるか、収益をあげられるか、努力していった成果と思われるからだ。もう一つ③は経営手腕という面からは特別優れていないが、店として或いは企業としてそれなりの“生命力を持っている”ことを示している。人に“生命力”があるように、お店とか企業にも生きていくための“生命力”は必要なのだ。


最近の記事はこちら

「ガイロク」は“人生とは何か”を教えてくれる

人には誰でも「人生最大のピンチ」と言えるような時期がある。それを街角インタビューの中から“抜粋していく”のが、あまり目立たないTV番組「ガイロク(街録)」だ。近年は、普通の人達に街角でインタビューする…続きを読む

技術・研究者なら飛躍できる水星&土星《0度》の危険

誰でも疲れている時とか、あまりにも神経過敏となっている時に「幻影」を見るとか「幻聴」を聴くとかすることは稀にある。けれども、それが日常生活となったら、もはやそれは“病気”一歩手前か、本格的な“心霊現象…続きを読む

「007」が“黒人女優”に変わる時代

映画「007」シリーズと言えば、私が「男はつらいよ」と同じくらい十代の頃から好んで見た映画だ。それにしても長い、もう「寅さん」は終わったというのに「007」の方は主人公ジェームズボンド役をさまざまな男…続きを読む

なぜ今頃「人肉事件」の映画なのか

「おいしそうだったから食べたかった」という言葉はよく聞く。けれども、それが「人肉」に向けられたものだったとしたら、思わず絶句する。それが通常の感覚だろう。けれども、世の中には“そうではない人達”がいる…続きを読む

「新たなピラミッド」が発見されるか⁉

エジプトのダハシュールと言えば、ギザのピラミッドで有名なクフ王の父親スネフェル王による「赤いピラミッド」と「屈折ピラミッド」が建てられていることで有名である。そのダハシュールで新たに複数の棺やミイラが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.