今日の迷言・余言・禁言

「経営破たん」したのに儲かっていた⁉

世の中には“珍事”というものが時々起こる。いったん完全に“経営破たん”して、もう貸したお金や預けたお金は取り戻せない、となっていたはずなのに、いつの間にか“おまけがついて戻って来る”ことになったのが「MTGOX(マウントゴックス)」という企業の債権者たちだ。どういうことなのかというと、この会社「ビットコイン」などを扱う“仮想通貨”の取引所だった。ところが2014年2月に突如破たんした。管理していた75万ビットコインと28億の預託金とを消失してしまったというのだ。これら総計を当時のレートで日本円に換算すると470億円相当になる。その当時は、まだ“仮想通貨”はあまり一般にはなじみがなかった。日本企業ではあったのだが、社長はフランス人であり、債権者の9割以上が外国人だった。だから、大きな事件だった割にはマスコミは大々的に報道しなかった。その後の調査によると、ロシア人にハッキングされたらしい。こうして、マウントゴックス社は消えてしまうかに見えた。ところが、昨年になって“仮想通貨”にはバブルが来た。一時期は1ビットコインが200万円近くにまで高騰した。実は、マウントゴックス社はすべてのビットコインを失ったのではなかった。奇跡的に20万ビットコインが残されていたのだ。そこで、債権者の中から“民事再生に切り替えたい”という人が出て来て、東京地裁も22日、民事再生手続きの開始決定を下したのだ。そうすると、どうなるのかというと、残っていたビットコインは現在のレートに換算すると最低でも1200億円以上の価値となり、470億円失っても、痛くも痒くもない状態となる。こうして、いったん完全に“破たん”した企業だったが、奇妙な形で再生できることになったのだ。もし、これが年初くらいに換金されていれば4000億円にもなっていたはずで、最近、次々と“仮想通貨取引所”が業務改善命令を受けているが、5~6年前から営業していたところは、すさまじい儲けを手にしていることになる。


最近の記事はこちら

まじめな“親子”は一緒に“穴掘り”

周辺の人達や仕事関係者たちから一様に「まじめで親切」と評価されていた“親子”が殺人遺棄をした。おそらく息子が妻を殺して母親に打ち明け、母親がそれを隠そうとして自宅の庭に、二人で“死体を入れるための穴”…続きを読む

「カジノ」を“悪魔”という前に…

日本人の中には「カジノ」を“悪魔”呼ばわりする人たちがいる。ところが、そういう人たちでも「宝くじ」には何故か寛容で“夢を買う”などと言って、購入したりする。そこで、こういう話はどうだろう。中国では、基…続きを読む

共感できても支持できない表現

近年はすぐ誰がどう発言したかが拡散する。特に芸能人、政治家、文化人などの場合がそうである。ある意味で、それは“有名度”を測るバロメーター的な部分もある。そういう意味で影響力の強いホリエモンこと堀江貴文…続きを読む

「国産ウナギ」が“輸入物”に負ける?

今年は“暑い”らしい。他人事のようなことを言うのは、北海道に暮らしているからだが、それでもやっぱり真夏は暑い。そこで多くの食卓には「うなぎ」が登場する。今週7月20日は「土用の丑の日」。ところが、実際…続きを読む

「歴史」は創るものではなく、出来上がるもの

「貿易戦争」という言葉が一般化してきた。昨日、中国では“世界フォーラム”が開かれたが、その中で楊潔氏は「中国は貿易戦争を望まないが、恐れもしない」という表現で、アメリカとの対決姿勢を前面に打ち出した。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.