今日の迷言・余言・禁言

「経営破たん」したのに儲かっていた⁉

世の中には“珍事”というものが時々起こる。いったん完全に“経営破たん”して、もう貸したお金や預けたお金は取り戻せない、となっていたはずなのに、いつの間にか“おまけがついて戻って来る”ことになったのが「MTGOX(マウントゴックス)」という企業の債権者たちだ。どういうことなのかというと、この会社「ビットコイン」などを扱う“仮想通貨”の取引所だった。ところが2014年2月に突如破たんした。管理していた75万ビットコインと28億の預託金とを消失してしまったというのだ。これら総計を当時のレートで日本円に換算すると470億円相当になる。その当時は、まだ“仮想通貨”はあまり一般にはなじみがなかった。日本企業ではあったのだが、社長はフランス人であり、債権者の9割以上が外国人だった。だから、大きな事件だった割にはマスコミは大々的に報道しなかった。その後の調査によると、ロシア人にハッキングされたらしい。こうして、マウントゴックス社は消えてしまうかに見えた。ところが、昨年になって“仮想通貨”にはバブルが来た。一時期は1ビットコインが200万円近くにまで高騰した。実は、マウントゴックス社はすべてのビットコインを失ったのではなかった。奇跡的に20万ビットコインが残されていたのだ。そこで、債権者の中から“民事再生に切り替えたい”という人が出て来て、東京地裁も22日、民事再生手続きの開始決定を下したのだ。そうすると、どうなるのかというと、残っていたビットコインは現在のレートに換算すると最低でも1200億円以上の価値となり、470億円失っても、痛くも痒くもない状態となる。こうして、いったん完全に“破たん”した企業だったが、奇妙な形で再生できることになったのだ。もし、これが年初くらいに換金されていれば4000億円にもなっていたはずで、最近、次々と“仮想通貨取引所”が業務改善命令を受けているが、5~6年前から営業していたところは、すさまじい儲けを手にしていることになる。


最近の記事はこちら

宝石のオマケ付き⁉「ベルばら」カレー

時々どうしてコラボしているのかわからない商品が出る。昨日、宝塚北サービスエリアだけで“限定販売”され出した「ベルサイユのばらカレー」もそうだ。漫画『ベルサイユのばら』をイメージした“ご当地カレー”を宝…続きを読む

「境遇」の中で見つける「生き方」

学校ではさまざまな知識や技術を教えてくれるが「生き方」については教えてくれない。「生き方」というものを本能的に学ぶのは、その人が育ってきた境遇が一番なのだ。10月18日の夕方、埼玉県和光市でマンション…続きを読む

「温泉付き別荘」が100円で購入できる⁉

少子高齢化に伴って「空き家」はどんどん増えていく。不動産情報サイトには“驚き価格”が目白押しだ。中でも目を引くのは極端な“たたき売り価格”。本当だろうかと誰もが思う。例えば、伊豆の温泉付き二階建て別荘…続きを読む

「ジュリー」は、もういない

世の中には“美形”に生まれて来る人もいれば、そうでない人もいる。先ごろ亡くなった樹木希林さんは“美形”ではなかったことが、後年になって“重宝”された。CMでも「美しい方はより美しく、そうでない方はそれ…続きを読む

イスラム教は、やっぱり怖い!

イギリスの中東専門ニュースサイト「ミドル・イースト・アイ」は16日、サウジ人記者カショギ氏がサウジ総領事館内で生きたままテーブルの上で身体を切断され7分で死亡した、と伝えている。切断したのは“暗殺集団…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.