今日の迷言・余言・禁言

「結婚相手募集」というコラム

一人の絵本作家が、新聞でコラムの連載を持っていた。その女性は自分が卵巣がんを患い、余命いくばくもないことを感じ取っていた。まだ51歳だった。夫は弁護士だったが、家庭的なことの多くは自分が行ってきた。ふとカレンダーを見ると、ニューヨーク・タイムズに毎回掲載するコラムの原稿締め切り日が「バレンタインディー」に重なることを知った。自分の死後、ひとり残される夫の姿がぼんやりと浮かんだ。彼女は次のコラムに「結婚相手募集」と綴った。妻を亡くした夫のために、新たなパートナーを“バレンタインディーのプレゼント”として募集してあげようと思ったのだ。このコラムを読む人の中から、夫・ジェイソンに相応しい相手が名乗り出てきてほしい…彼女は心からそう願った。実際、ニューヨーク・タイムズには夫へのサプライズである「結婚相手募集」のコラムが載った。最期のコラムとなった。彼女は「私が心から望むのは、誰か彼にふさわしい人がこれを読んで、ジェイソンに出逢い、二人の新しいラブストーリーが始まること」それが掲載されて間もなく、彼女は急激に弱った。そして3月上旬になって自宅で静かに亡くなった。エイミー・クラウス・ローゼンタールさん、享年51歳。夫ジェイソンは、コラムのことを担当編集者から、葬儀の席で聞くまで知らなかった。そして“死後の出逢い”までプレゼントしようとした妻に感謝したが、今はその気にはなれない…とうなだれた。世界の片隅で、さまざまな人たちが“愛の別れ”を経験する。そして、どんなに努力しても、その“代役”は誰も果たすことが出来ない。


最近の記事はこちら

河村たかし氏が遺す「1000年の宝」

名古屋市長の“河村たかし氏”と言えば中々ユニークなお人柄で知られる。“未来の総理大臣”を自称し、時の権力を批判していた。その後、いつの間にか“総理”ではなく“市長”となったが、実際の行政では中々思うよ…続きを読む

「幸福度ランキング」って何かが違う

国連(UN)が毎年発表する「世界幸福度報告書」と呼ばれるものがある。国別で“幸せな国はどこか”探そうという調査報告書である。それなりの根拠があるのかもしれないが、今年は昨年4位から1位へノルウェーが躍…続きを読む

「統一されない教会」の舞台裏

かつて「世界統一教会」という宗教があった。“霊感商法”で社会的問題を次々と起こした宗教だ。歌手・桜田淳子氏が“広告塔”として騒がれた宗教でもある。教祖による“おみくじ的な合同結婚式”でも有名になった。…続きを読む

「運命の予感」が狂気を誘発した

地下鉄サリン事件が発生して今日で22年が経つ。今はもう「オウム真理教」は存在しないが、未だに教祖・麻原彰晃への信仰を持つ者たちはいる。80年代後半、日本はバブル景気に浮かれていたが、そういう世の中に“…続きを読む

最後まで“不運を引き摺らせた”元交際相手

2015年の6月、“死体遺棄の共謀容疑”として逮捕された一人の女性がいる。本人は“死体とは知らなかった”として無罪を主張したが、結局、認められなかった。その再申請求が弁護側から出されている。元々、白百…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.