今日の迷言・余言・禁言

「統一されない教会」の舞台裏

かつて「世界統一教会」という宗教があった。“霊感商法”で社会的問題を次々と起こした宗教だ。歌手・桜田淳子氏が“広告塔”として騒がれた宗教でもある。教祖による“おみくじ的な合同結婚式”でも有名になった。その統一教会だが、ここに来て“分裂騒動”が起こっているという。2012年、絶対的カリスマであった教祖・文鮮明氏が死去し、その後の後継者問題が背景としてある。宗教関係は“カリスマ教祖”を喪うと、途端に組織が壊滅していく。そういうケースがあまりに多い。だから創価学会など、池田大作氏の“生死”は謎のままである。そうしないと組織が保てないのだ。統一教会は現在「世界平和統一家庭連合」という昔の“婦人団体”のような名称に変わっているが、文鮮明氏の未亡人が“主流派”を取り仕切っている。何んと自らを「メシア」と名乗っているらしい。元々、統一教会は『聖書』を基にした“異端のキリスト教系の団体”なのである。もっとも、一般のキリスト教各会派からは敵視されているが…。この宗教としての組織は、実は七男が後継者として認められていた。学生組織は三男、事業組織は四男、そういう風に決めて教祖は亡くなったのだ。多分、自分亡き後、独りで組織全体を“統一できる息子”はいないと踏んでいたのだ。その結果、四男と七男は手を組み、新たに「日本サンクチュアリ協会」なるものを立ち上げ、今年に入ってその活動を活発化させている。その第一の目的は、未亡人の“主流派”が持つ不動産を獲得することにある。そこで“主流派”との間で、暴力団抗争でよくある警察が動くような“争い事”が頻繁に起こっている。もう、とても「統一教会」とは呼べない。「分裂協会」に成り下がってしまったのが、教祖亡き後の組織なのだ。


最近の記事はこちら

「恥ずかしながら…」復活する“日の丸弁当”⁉

懐かしい響きの言葉に「日の丸弁当」というのがある。この弁当を説明しなくても解かる人は、それなりの“お歳”かもしれない。お弁当箱を開けた時、真ん中に“丸い梅干し”だけが入っていると「日の丸」が誕生するの…続きを読む

ややこしい「X」という“第3の性”

最近は「LGBT」という用語も頻繁に見かけるようになって、説明の必要がなくなりつつある。要するに“広義の同性愛的”生き方を求める人たちの総称である。ところが、ここにきて「もう一つの形」が加わりそうなの…続きを読む

「逆イールド」が日本株を急落させる⁉

今年の1月5日、私は今年の「日本株」がドル円相場や原油価格が落ち着くまでは、完全な“上昇気流”に乗ることは難しくアップダウンの激しい相場展開になるだろうことを予告した。ドル円相場では1ドル113円台に…続きを読む

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.