今日の迷言・余言・禁言

「統一されない教会」の舞台裏

かつて「世界統一教会」という宗教があった。“霊感商法”で社会的問題を次々と起こした宗教だ。歌手・桜田淳子氏が“広告塔”として騒がれた宗教でもある。教祖による“おみくじ的な合同結婚式”でも有名になった。その統一教会だが、ここに来て“分裂騒動”が起こっているという。2012年、絶対的カリスマであった教祖・文鮮明氏が死去し、その後の後継者問題が背景としてある。宗教関係は“カリスマ教祖”を喪うと、途端に組織が壊滅していく。そういうケースがあまりに多い。だから創価学会など、池田大作氏の“生死”は謎のままである。そうしないと組織が保てないのだ。統一教会は現在「世界平和統一家庭連合」という昔の“婦人団体”のような名称に変わっているが、文鮮明氏の未亡人が“主流派”を取り仕切っている。何んと自らを「メシア」と名乗っているらしい。元々、統一教会は『聖書』を基にした“異端のキリスト教系の団体”なのである。もっとも、一般のキリスト教各会派からは敵視されているが…。この宗教としての組織は、実は七男が後継者として認められていた。学生組織は三男、事業組織は四男、そういう風に決めて教祖は亡くなったのだ。多分、自分亡き後、独りで組織全体を“統一できる息子”はいないと踏んでいたのだ。その結果、四男と七男は手を組み、新たに「日本サンクチュアリ協会」なるものを立ち上げ、今年に入ってその活動を活発化させている。その第一の目的は、未亡人の“主流派”が持つ不動産を獲得することにある。そこで“主流派”との間で、暴力団抗争でよくある警察が動くような“争い事”が頻繁に起こっている。もう、とても「統一教会」とは呼べない。「分裂協会」に成り下がってしまったのが、教祖亡き後の組織なのだ。


最近の記事はこちら

占いは“地味なほう”が良く効く!

よく“占いの的中”というと“派手な予言”が取り上げられる。けれども実際には、現実的で地味なアドバイスの方が有効な場合が多い。27日午後、日露首脳はクレムリンで3時間にも及ぶ会談を行った。安倍首相とプー…続きを読む

「入れ墨」か「タトゥー」か

時々、どちらの言い分が正しいのか、判別が難しい対決がある。大阪地裁で争われている“医師法違反”もその一つで、医師免許がないのに“入れ墨”の施術をしたとして医師法違反に問われた“彫師の男性”が「タトゥー…続きを読む

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.