今日の迷言・余言・禁言

「美しい顔ランキング」紛れもなく“人種差別”

モデルでタレントの水原希子氏が近年雑誌上で毎年発表され、ネット上にも掲載される「もっとも美しい顔100人ランキング」に疑問を投げかけ、それが一部から「日本人感出すのはやめてほしい」と批判され、それに対しての反論を行い、注目を浴びている。これは別に、日本人であるとかないとかの問題ではない。要するに「美しい顔」をランキングすること自体が理解に苦しむという発言で、通常感覚の人間なら、当然の疑問である。私自身も、毎年「なぜこんなことをするのだろう」と不思議に思っていた。一番問題なのは、投票結果でもなく、個人の主観で決めている、という点だ。何じゃ、そりゃ、という感じのコンテストなのだ。というか、それじゃ、コンテストでもない。単なる一人の男性の“好みの顔”を並べているだけで、一般の雑誌に掲載すべきものではない。さらに、それをネット上でも世界中に拡散しているのだから、問題は大きい。大体、人間の“美の基準”というのは“時代”により、“地域”により、“民族”により、違いがあるもので、決して一様ではない。最近、マスコミはさまざまなことに対してランキングをつけたがる。そして、そのランキングの“基準”というものが実に曖昧である。一応は、これこれの理由からとなっているのだが、かなり一方的な基準で、かつて「世界一幸福な国」とされていた国には、一時的に観光客が多数訪れたが、結局、その後は誰もが“沈黙”で、その答えの“怪しさ”を浮き上がらせたものだった。元々こういうランキングは“好み”や“理想”が繁栄されていることが多く、それが必ずしも、現実世界で歓迎されているとは限らない。例えば、ミスユニバースなどの場合、世界一に選ばれる女性は、必ず高身長である。普通の日本人女性としてみると、大柄すぎて、多くの男性からは敬遠される。つまり“世界基準”を決めていたとしても、それが必ずしも、世界“共通の美の基準”とは言い難いのだ。さらに個々の“好み”という問題が待ち構えている。もし、“完全なる美の基準”があるのであれば、美容整形の技術が進めば、誰もが共通の「美」を手に出来るかもしれない。けれども、そうなったら、逆に何もしていない“普通の顔”の方が“人間味があって美しい”となるかもしれないのだ。さらに「美」が残酷なのは“年齢”が崩れさせていく、という事実のあることだ。永久に美しいままでいられることはない。一方で“人種差別”を唱えながら、その一方で“美人ランキング”を行おうとする精神は、欧米人のヒューマニズムの“怪しさ”を証明するものでしかない。


最近の記事はこちら

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.