今日の迷言・余言・禁言

「美しい顔ランキング」紛れもなく“人種差別”

モデルでタレントの水原希子氏が近年雑誌上で毎年発表され、ネット上にも掲載される「もっとも美しい顔100人ランキング」に疑問を投げかけ、それが一部から「日本人感出すのはやめてほしい」と批判され、それに対しての反論を行い、注目を浴びている。これは別に、日本人であるとかないとかの問題ではない。要するに「美しい顔」をランキングすること自体が理解に苦しむという発言で、通常感覚の人間なら、当然の疑問である。私自身も、毎年「なぜこんなことをするのだろう」と不思議に思っていた。一番問題なのは、投票結果でもなく、個人の主観で決めている、という点だ。何じゃ、そりゃ、という感じのコンテストなのだ。というか、それじゃ、コンテストでもない。単なる一人の男性の“好みの顔”を並べているだけで、一般の雑誌に掲載すべきものではない。さらに、それをネット上でも世界中に拡散しているのだから、問題は大きい。大体、人間の“美の基準”というのは“時代”により、“地域”により、“民族”により、違いがあるもので、決して一様ではない。最近、マスコミはさまざまなことに対してランキングをつけたがる。そして、そのランキングの“基準”というものが実に曖昧である。一応は、これこれの理由からとなっているのだが、かなり一方的な基準で、かつて「世界一幸福な国」とされていた国には、一時的に観光客が多数訪れたが、結局、その後は誰もが“沈黙”で、その答えの“怪しさ”を浮き上がらせたものだった。元々こういうランキングは“好み”や“理想”が繁栄されていることが多く、それが必ずしも、現実世界で歓迎されているとは限らない。例えば、ミスユニバースなどの場合、世界一に選ばれる女性は、必ず高身長である。普通の日本人女性としてみると、大柄すぎて、多くの男性からは敬遠される。つまり“世界基準”を決めていたとしても、それが必ずしも、世界“共通の美の基準”とは言い難いのだ。さらに個々の“好み”という問題が待ち構えている。もし、“完全なる美の基準”があるのであれば、美容整形の技術が進めば、誰もが共通の「美」を手に出来るかもしれない。けれども、そうなったら、逆に何もしていない“普通の顔”の方が“人間味があって美しい”となるかもしれないのだ。さらに「美」が残酷なのは“年齢”が崩れさせていく、という事実のあることだ。永久に美しいままでいられることはない。一方で“人種差別”を唱えながら、その一方で“美人ランキング”を行おうとする精神は、欧米人のヒューマニズムの“怪しさ”を証明するものでしかない。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.