今日の迷言・余言・禁言

「美白」に反応し過ぎる差別感覚

われわれ日本人にとっては“「白」=「美」”という感覚には、どうしてもならない。元々「白」の方が「黒」よりも“美しい色”という観念が存在していないからだ。例えば同じ日本人でも、沖縄に暮らしている人は北海道に暮らしている人よりも、一般的に言って“色”は黒い。けれども、それは年中日差しを浴びているからで、もし沖縄に暮らしていても、日差しを浴びることが少なければ、色黒にはならない。同じことは北海道に暮らしている場合にも言えて、戸外労働で年中日差しを浴びていれば、色黒の肌になっていく。つまり先天的要素よりも、後天的作用の方が強いことを経験的に知っているので「白」の方を“無条件に優先する”考え方にどうしてもなれない。ところが、世界的にみると、日本人のような捉え方は少なく、多くの場合「白」は「黒」より美しく「白」は「黒」に優先する、という考え方が強くはびこっている。インドなどでは自国の「カースト制度」とも微妙に結びついていて、高カーストは低カーストより“色が白い”という観念が定着しているらしい。したがって「美白」を謳う商品は“人種差別的な商品”として、攻撃の対象となった。その結果、英国のユニリーバ、フランスのロレアル、アメリカのジョンソン・エンド・ジョンソンなどは自社製品から「美白」や、それを連想させる文字・表現は削除しなければならなくなった。こうして“人種差別反対”を唱える人々は「われわれが勝利した」というのだが、そうだろうか。強引に、その種の文字や表現を“目隠しした”だけのように私には思える。元々が、そういう意識を強くもっているから、その種の製品は売れて来たのだ。意図的に、それらを排除したから、その種の“考え方”も無くなるというのは、あまりに単純すぎる。本来であれば、日本人のように元々が「白」と「黒」とは、それぞれが“美を生み出す色”と捉えなければ、何の意味もない。日本人にとっては「白人さん」も「黒人さん」も同じような存在で、どちらにも多少の“違和感”は抱く。白人さんだから好感を抱くともいえないし、黒人さんだから嫌悪感を抱くこともない。LGBT(広義の同性愛者)の人達にしてもそうだが、無理やり「みんな同じ」としてしまうとかえって違和感を抱く。要するに「いろんな人が生きている」という理解に立った方が、自然だし差別などせず暮らせるのではないだろうか。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.