今日の迷言・余言・禁言

「美白」に反応し過ぎる差別感覚

われわれ日本人にとっては“「白」=「美」”という感覚には、どうしてもならない。元々「白」の方が「黒」よりも“美しい色”という観念が存在していないからだ。例えば同じ日本人でも、沖縄に暮らしている人は北海道に暮らしている人よりも、一般的に言って“色”は黒い。けれども、それは年中日差しを浴びているからで、もし沖縄に暮らしていても、日差しを浴びることが少なければ、色黒にはならない。同じことは北海道に暮らしている場合にも言えて、戸外労働で年中日差しを浴びていれば、色黒の肌になっていく。つまり先天的要素よりも、後天的作用の方が強いことを経験的に知っているので「白」の方を“無条件に優先する”考え方にどうしてもなれない。ところが、世界的にみると、日本人のような捉え方は少なく、多くの場合「白」は「黒」より美しく「白」は「黒」に優先する、という考え方が強くはびこっている。インドなどでは自国の「カースト制度」とも微妙に結びついていて、高カーストは低カーストより“色が白い”という観念が定着しているらしい。したがって「美白」を謳う商品は“人種差別的な商品”として、攻撃の対象となった。その結果、英国のユニリーバ、フランスのロレアル、アメリカのジョンソン・エンド・ジョンソンなどは自社製品から「美白」や、それを連想させる文字・表現は削除しなければならなくなった。こうして“人種差別反対”を唱える人々は「われわれが勝利した」というのだが、そうだろうか。強引に、その種の文字や表現を“目隠しした”だけのように私には思える。元々が、そういう意識を強くもっているから、その種の製品は売れて来たのだ。意図的に、それらを排除したから、その種の“考え方”も無くなるというのは、あまりに単純すぎる。本来であれば、日本人のように元々が「白」と「黒」とは、それぞれが“美を生み出す色”と捉えなければ、何の意味もない。日本人にとっては「白人さん」も「黒人さん」も同じような存在で、どちらにも多少の“違和感”は抱く。白人さんだから好感を抱くともいえないし、黒人さんだから嫌悪感を抱くこともない。LGBT(広義の同性愛者)の人達にしてもそうだが、無理やり「みんな同じ」としてしまうとかえって違和感を抱く。要するに「いろんな人が生きている」という理解に立った方が、自然だし差別などせず暮らせるのではないだろうか。


最近の記事はこちら

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.