今日の迷言・余言・禁言

「老いの結婚」が増えていく?

エッセイストでテレビの仕事も多い阿川佐和子氏が5月9日に結婚・入籍したことを公表した。本人は63歳で初婚、お相手の方は69歳で再婚となるらしい。なんとなく、こういう組み合わせの結婚が今後増えていくかもしれないと思った。片方が初婚、片方が再婚とか再々婚とかで、双方とも50代後半以降の組み合わせカップルである。何しろ、日本人の初婚年齢が総体的に後退してきている。今や40代や50代で独身は珍しくなくなった。私が30代の頃は、30代でさえも“白い眼”で見られたものだ。そういう意味では、30代、40代で独身であっても、今は“白い眼”など向けられることなく、男女とも年齢的に焦らなくなった。今や「生涯独身」を貫いたとしても、誰もそれを“非難する”ようなことは無くなった。そういう意味では、本当に“良い国”になったものだ。加えて“長寿の国”であることが「老いの結婚」を後押しし始めている。つまり、“親の介護”を終えてから結婚する、という人たちが出て来ていることだ。さらに“sex”そのものを、煩わしく感じる人たちも多くなってきている。或る程度の年齢に達すれば、そういう煩わしさからも逃れられる。年金がどんどん減って、一人だけでは生活がままならない、という切実な問題も“シェアハウス的な結婚”を増やしそうなのだ。長い老後生活を目前にし、一人の人間として“理解し合える相手”を求めたいという願望が拍車をかけている。これら、さまざまな要因が「老いの結婚」を増やしそうな気がする。特に、阿川氏のように“あまり嫌われないタイプの人”が結婚することで「老いの結婚」が市民権を得ていくような気がするのだ。ところで、私は彼女の結婚について昨年11月にブログの中で予告している。つまり、占星学的な惑星の動きから、2017年春までに入籍・結婚しなければ“この結婚話”は流れてしまう…と。そのギリギリの春5月9日に婚姻届けが出された。天空も、二人を祝福してくれるはずだ。


最近の記事はこちら

人は「生まれて来る環境」を選べない

どんな両親から生まれたか、どんな環境のもとに生まれ育ったか、時々、人はそれを考える。一冊の興味深い自伝が出版されていた。死刑囚・麻原彰晃こと松本智津夫の三女として産まれた松本麗華さんの回想記『止まった…続きを読む

“7000体の遺体”の上に“医療センター”がある

昔『ミステリーゾーン』という雑誌があった。なかなかマニアックな雑誌で気に入っていたのだが、三年ほどで廃刊となった。後に、その編集者だった男性と出逢って、占いに関する執筆をいろいろと依頼された。あの雑誌…続きを読む

何が「チャンスの女神」か、誰にも解からない

世の中には簡単には“評価できない職業”というものがある。“俳優・タレント”という職業も評価が難しい。週三日・不動産会社の事務をして生計を立てている“女優・タレント”多岐川華子さんも、そういう一人だ。こ…続きを読む

本田&家長→同一生年月日の謎

日本人のプロサッカー選手で世界的に名を知られている選手の一人、それが本田圭佑氏だ。その本田選手が、在籍する“ACミラン”との契約終了に付き移籍することを自ら公表した。実は同じく今年、国内だが“大宮”か…続きを読む

本当に「心の狭い神」なのか

今、アメリカでは「スカーフをしていなかった」ことが論議をかもしている。ハッキリ言って、どうでも良いようなことだ。つまり、サウジアラビアを訪問中のトランプ大統領メラニア夫人がスカーフなしで公式の場に参列…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.