今日の迷言・余言・禁言

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査委員会が2年がかりでまとめた“聞き取り調査”に由来するもので、1947年から2017年まで70年間に及ぶ期間を網羅した50万ページに達する膨大な資料だ。この報告書で加害者として登場するのは、司教とか、大司教とか、枢機卿とか呼ばれる高位の聖職者たち300名であり、被害者として登場するのは主として少年達であるという。その数、何と1000名にも達する。インドなどでは確かにヒンズー教聖職者が少女たちを犯すという犯罪が後を絶たない。けれども、今回の話は“ヒューマニズムの国・アメリカ”のカトリック聖職者たちだ。この報告書によれば、仮に“性的虐待”が発覚しても、聖職者たちは何ら罰せられることもなく、その教会から異動を命ぜられただけであるらしい。つまり、これはペンシルバニアの報告書なのだが、もしかすると他のところへ移っても、彼らは同様な“聖行為”を行っていた可能性があるのだ。そして、ここで注目したいのは、被害者の多くが少女ではなく、少年だったという事実だ。こんなことは考えたくないが、もしかすると元々“少年愛”の強い男性達がカトリック神父という職業を求めた可能性はないのか。仮に、そうだったとするなら、その“犠牲者”となった少年たちは、何年か教会に通って、その教えに従っていくうちに“同性愛こそが神の愛に通ずる”と錯覚した可能性はないのか。そして“その愛”を普及させようと努力し始めた可能性はないのか。或いは、神に幻滅を抱いて、その後には信仰を捨て去ってしまった可能性はないのか。人間不信に陥って、誰も信じられなくなってしまった可能性はないのか。さまざまな可能性を、聖職者たちは少年の人生に与えたのだ。


最近の記事はこちら

今後も「本当の…」で“殺害”が増えていく

さいたま市の教職員住宅で殺害・遺棄された進藤遼佑くん(9歳)の事件は、同居する義理の父親である進藤悠介(32歳)の逮捕・自供によって一応の決着を見た。殺害動機は「本当の父親ではない」と言われたことらし…続きを読む

日本とは異なる「米ホームレス」の“闇”

昔からそう思っていたがアメリカは“矛盾の多い国”である。その中でもひときわ“矛盾が集約している”のがサンフランシスコという都市だ。今、この都市には街中のいたるところにホームレスがいる。繁華街でテント暮…続きを読む

俄然「横浜」が“熱く”なって来た

日本人はどちらかと言えば保守的な人達が多い。だから“危ないもの”には極力手を出さない。けれども、そういう日本に対して今、海外からの“熱い眼差し”が注がれている地域がいくつかある。IR候補地である。要す…続きを読む

メルカリが日本の「終活」を変える⁉

「メルカリ」という企業については、何となく名前くらいは誰もが聴いたことがあるだろう。ただ実際にはどういう企業なのか、知らない人も多いことだろう。一般的には“フリマアプリ大手”という位置づけである。要す…続きを読む

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.