今日の迷言・余言・禁言

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査委員会が2年がかりでまとめた“聞き取り調査”に由来するもので、1947年から2017年まで70年間に及ぶ期間を網羅した50万ページに達する膨大な資料だ。この報告書で加害者として登場するのは、司教とか、大司教とか、枢機卿とか呼ばれる高位の聖職者たち300名であり、被害者として登場するのは主として少年達であるという。その数、何と1000名にも達する。インドなどでは確かにヒンズー教聖職者が少女たちを犯すという犯罪が後を絶たない。けれども、今回の話は“ヒューマニズムの国・アメリカ”のカトリック聖職者たちだ。この報告書によれば、仮に“性的虐待”が発覚しても、聖職者たちは何ら罰せられることもなく、その教会から異動を命ぜられただけであるらしい。つまり、これはペンシルバニアの報告書なのだが、もしかすると他のところへ移っても、彼らは同様な“聖行為”を行っていた可能性があるのだ。そして、ここで注目したいのは、被害者の多くが少女ではなく、少年だったという事実だ。こんなことは考えたくないが、もしかすると元々“少年愛”の強い男性達がカトリック神父という職業を求めた可能性はないのか。仮に、そうだったとするなら、その“犠牲者”となった少年たちは、何年か教会に通って、その教えに従っていくうちに“同性愛こそが神の愛に通ずる”と錯覚した可能性はないのか。そして“その愛”を普及させようと努力し始めた可能性はないのか。或いは、神に幻滅を抱いて、その後には信仰を捨て去ってしまった可能性はないのか。人間不信に陥って、誰も信じられなくなってしまった可能性はないのか。さまざまな可能性を、聖職者たちは少年の人生に与えたのだ。


最近の記事はこちら

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

「福」をもたらすドロドロ鬼神

10月8日9日に沖縄の宮古島に行くと、あなたにもきっと「福」が授けられる。但し、少々汚くなるし、泥臭くもなるけど、その辺は我慢しなければならない。この島では毎年、国の重要無形民俗文化財にもなっている「…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.