今日の迷言・余言・禁言

「肋骨20本」は“人間との胎児”だったのか

一時期「宇宙人のミイラ」として注目を集めたのが、2003年にチリで発見されたミイラ化された15㎝ほどの小さな遺体だった。その外観は頭部だけが異様に大きく、しかもやや尖っていて、肋骨が20本しかなく、手足が長く、明らかに全身のバランスを欠いていた。2013年に科学者たちが調査したが、判明したのは「数十年前の遺体であること」「人類の女性と思われること」くらいで、その詳細は不明のままだった。今回調査に乗り出したのは、スタンフォード大学の微生物&免疫学部のギャリー・ノーラン教授らのグループである。そして慎重な調査報告が発表された。それによると、ミイラは50年ほど前のもので、身長は15.5㎝、肋骨は20本、骨の状態からは4~6歳の女児なのだが、それは遺伝的に稀な“突然変異が重なった結果”で、実際には流産したか、産れて間もなく死亡した女児であると推測される、というのが彼らの調査報告であった。う~ん、今一つ歯切れが悪い。特に、稀な突然変異が重なるって、どういうことなのか。おそらく、過去の症例が見当たらない、ということだろう。そうでなければ、必ず、過去の症例を出して説明するはずだからだ。つまり、可能静的には、完全に宇宙人説が否定されたわけではなく、ひょっとしたら、人間の女性胎内から産まれていることは間違いないが、人類とは異なる“遺伝子”が組み合わされた結果としての胎児だった可能性を残すのではないだろうか。以前、宇宙人の児を妊娠したというイタリア女性がテレビで語っていた興味深い話がある。その児は、体内で成長するにつれ、激しく動き出し、結果的に予定日などより早く、異様な容姿で勝手に産まれ出てきたが悶絶しながら亡くなった…と震えながら話していた。


最近の記事はこちら

旧暦「七夕」は、やっぱり“手書き”

近年、中国は急速な勢いで“IT王国”に変わった。どこでもスマホ決済が当たり前になり、タクシーアプリを使うのが当然になりつつある。そんな中国で、意外に進んでいないのが“婚活事情”だ。もちろん、それは中国…続きを読む

心を癒すのは「ペットロボット」&「3Dキャラクター」

バーチャルシンガー「初音ミク」は一部で熱狂的人気を集める“2次元キャラクター”だが、その初音ミクと“結婚した”という30代の公務員が現れた。もちろん正式な「婚姻証明書」も所有している。IOTベンチャー…続きを読む

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査…続きを読む

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不…続きを読む

新ジャンボ1等賞金20億円、6等賞金10万円⁉

総務省から昨日2017年度“宝くじ”の売上額が20年ぶりに8000億円を割り込んだことが報告された。近年の“宝くじ”は不振が続いていて、2005年度の1兆1047億円をピークに毎年減少している。昨年は…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.