今日の迷言・余言・禁言

「肢のない妻」がお出迎えする部屋

「テーブル美術館」シリーズと呼ばれるフィギュアがあるらしい。つまり、通常なら美術館にあるような芸術作品を、自宅に飾って楽しむことが出来るシリーズだ。まあ美術の名画レプリカとほぼ同様な彫像作品だと思えば良い。私も絵画のレプリカなら、クリムトなどの作品をいくつか所蔵している。ただフィギュアは小さいし、アニメ的なものが多く、とても“芸術作品”という気がしないので、購入したことはない。ところが、このほど日本画の名画として知られる江戸時代の画家・丸山応挙作「幽霊図」が何んと“絵”としてではなく“フィギュア”の立像として発売されるらしい。丸山応挙が描いた日本画「肢のない幽霊」の姿を忠実に再現してあるのだという。「テーブル美術館」では、これまでにも“ミロのビーナス”や“ロダンの考える人”なども制作販売していて、それなりの実績を残している。まあ出来栄えとしては“今一つ”な気がしないでもないが、自宅の棚やテーブルに飾るものとして考えると、妥当な“大きさ”、“お値段”、“出来栄え”であるのかもしれない。ちなみに、この「肢のない幽霊」は6480円。まさに“お手頃価格”。ただ元々この「幽霊図」は応挙自身が、夢に出てきた妻の姿…を描いたものとされる。妙にリアルなのは、そのせいもあるのだ。したがって、それを忠実に“肢のない立像”として再現した作品は、或る意味で丸山応挙氏の“亡き妻”を自宅に招き入れるようなものなのだ。おそらく、これを購入される方にはマニアックな独身男性が多いような気がするのだが、深夜に自宅に戻って灯りを点けたら、透明感のある「肢のない妻」が待っている構図は、ちょっと不気味でもあり、それでいながらどこか“心温まる世界”のような感じがするのはなぜだろう。


最近の記事はこちら

「19,000人減」発表で1位→17位転落

2019年卒業予定の学生たちによる就職希望企業ランキングが発表された。そこには“常連”の顔がない。昨年度1位だったはずの「みずほ銀行」が消えているのだ。何んと今年は17位。別に大きな不祥事があったから…続きを読む

「宝くじ」当選で人生が変わる⁈

昨日、たまたま「宝くじ」売り場の前を通った。そうしたら、珍しいことに誰も人が並んでいなかった。それで久しぶりで購入する気になった。そういう日、宝くじが当たるのは何かしらの偶然が作用しているケースが多い…続きを読む

大仁田「フォール負け」からの出発

当然と言えば当然のことなのであるが、昨日開票となった佐賀県神埼市の市長選で現職の松本茂幸氏の四選を阻もうと出馬した元プロレスラー・参議院議員の大仁田厚氏が大敗をした。何んと十倍近い得票数の差があった。…続きを読む

過酷過ぎる減量で王者は作れない

極めて珍しい形の“王者剥奪”が起こった。ボクシングのWBC世界フライ級王者・比嘉大吾選手が、対戦前の“前日軽量”で体重が900gオーバーし“不戦負け”となってしまったのだ。ボクシングは各階級の体重制限…続きを読む

神には「救い」の“ひとかけら”もなかった

世の中には「救いようのない事件」というのが時々起こる。今回、インドで8人の男たちが逮捕された事件は、正にその典型だった。8人の中には未成年者もおり、警察官もいた。事件とは、8歳の少女が雑草林の中から遺…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.