今日の迷言・余言・禁言

「肢のない妻」がお出迎えする部屋

「テーブル美術館」シリーズと呼ばれるフィギュアがあるらしい。つまり、通常なら美術館にあるような芸術作品を、自宅に飾って楽しむことが出来るシリーズだ。まあ美術の名画レプリカとほぼ同様な彫像作品だと思えば良い。私も絵画のレプリカなら、クリムトなどの作品をいくつか所蔵している。ただフィギュアは小さいし、アニメ的なものが多く、とても“芸術作品”という気がしないので、購入したことはない。ところが、このほど日本画の名画として知られる江戸時代の画家・丸山応挙作「幽霊図」が何んと“絵”としてではなく“フィギュア”の立像として発売されるらしい。丸山応挙が描いた日本画「肢のない幽霊」の姿を忠実に再現してあるのだという。「テーブル美術館」では、これまでにも“ミロのビーナス”や“ロダンの考える人”なども制作販売していて、それなりの実績を残している。まあ出来栄えとしては“今一つ”な気がしないでもないが、自宅の棚やテーブルに飾るものとして考えると、妥当な“大きさ”、“お値段”、“出来栄え”であるのかもしれない。ちなみに、この「肢のない幽霊」は6480円。まさに“お手頃価格”。ただ元々この「幽霊図」は応挙自身が、夢に出てきた妻の姿…を描いたものとされる。妙にリアルなのは、そのせいもあるのだ。したがって、それを忠実に“肢のない立像”として再現した作品は、或る意味で丸山応挙氏の“亡き妻”を自宅に招き入れるようなものなのだ。おそらく、これを購入される方にはマニアックな独身男性が多いような気がするのだが、深夜に自宅に戻って灯りを点けたら、透明感のある「肢のない妻」が待っている構図は、ちょっと不気味でもあり、それでいながらどこか“心温まる世界”のような感じがするのはなぜだろう。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.