今日の迷言・余言・禁言

「自営型」と「勤務型」の微妙な違い

人には元々「勤務する形での仕事形態」が合っている人と「独立自営する形での仕事形態」が合っている人とがいる。これは多分に“先天的なもの”で、もちろんどちらでも器用にこなせる人もいるが、大抵はどっちかの方がしっくりと行く。たまには、どちらも“不向き”というやっかいな人もいる。昨日、それまで15年間、奈良市内で洋菓子店「にこにこ庵」を営業してきた木村洋司氏が店を閉店した。自分が理想とするケーキ作りに体力がついていかず、また家族との時間も限られてきてしまったためだ。要するに、自営でやっていくのは限界が来た、ということらしい。今後は同じ市内の洋菓子店で「もう一度、職人として働く」ことが決まっている。彼が名を知られたのは「完売するまで店を閉めない」宣言をしてからである。自分が誠心誠意作った“食べられる洋菓子”を捨ててしまうのはもったいないということで、売り切るまで店を閉めない、と宣言して営業してきたのだ。当然、深夜や朝方まで店を開けていることもあった。体力が持たないのは、言ってみれば当然である。そこまでしなくても、と私などは思うが、こだわりの強い職人や技術者には、そういう人が時々いる。私などは、予約がない日など“悦んでしまう”のだが…。とにかく、こだわりの強すぎる職人や技術者が自分で経営すると、損得を度外視して頑張ることになりやすい。先天的に、自分が「自営型」か「勤務型」かを知る方法の一つは、周囲の眼を気にせず仕事が出来るかどうか、物事を決めるのが早いかどうか、一つの仕事が終わってから反省することが多いかどうかだ。基本的に、人の眼を必要以上に気にする人は自営には向いていない。また物事を決めるのに時間が掛り過ぎる人は自営には向いていない。一つの仕事が終わったのに、いつまでもそれを反芻し過ぎる人は自営には向いていない。要するに、人の眼を気にせず、即断即決が出来て、終わった仕事に拘泥しない人が自営に向いている。そういう人は、多少、まだ無理かな…というような状況からでも始めてしまえば何とかなっていく。自営に向いていない人は、もう大丈夫という段階になっても着手しないケースが多い。あまりに慎重すぎる人は、せっかくのチャンスを失うことが多い。人生に「完璧な計画書」とか「無敵の開業書」など存在しない。みんな手探りで開始するのだ。


最近の記事はこちら

昔、縁起の悪かった「元号」は変えられた⁉

記憶力があいまいで、それが日本の話だっだか、中国の話だったか、判然としない。けれども、どちらかの国で間違いなく“そういう年”は、存在している。つまり「新たな元号」に変わって、悪いこと続きで“縁起が悪い…続きを読む

81%が「自分の血液型」を知らない国

日本で「自分の血液型を知らない」というのは、何んとなく“無知なこと”のように思われがちだ。かくいう私も、多分「A型」だとは思っているのだが、それはあくまで父親と母親と兄弟の血液型からの推測で、本当のと…続きを読む

「ユニコーン」が出現する夢の意味は…⁉

たまたま「東京国立博物館」の“東洋館”にあるという「アジアの占い体験コーナー」に関しての記事を読んだ。興味深い内容で、モンゴルの「シャガイ占い」について書かれていた。羊のシャガイ(くるぶしの骨)を使っ…続きを読む

手相の頭脳線と「認知症」の関係

人間は誰でも齢を取る。そうすると誰でも弱っていく。肉体的に弱っていくのは当然で仕方がないのだが、頭脳が弱っていくのは困る。生活に支障が出るからだ。漫画家でタレントの蛭子能収氏がTVの“健康診断番組”で…続きを読む

40か国「世界500店舗」紳士ブランドが破綻

かつてはウォール街で一番人気だった紳士ブランド「ブルックスブラザーズ」が銀行に“破産申請”を出した。創業200年、リンカーン大統領やケネディ大統領も愛用したスーツの老舗ブランドで、世界40か国、500…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.