今日の迷言・余言・禁言

「自由恋愛(?)」を阻む“大物芸人”

「自由恋愛」=この言葉は、実は“大昔”に日本で使われていた言葉である。まだ、日本では自由に恋愛するということが一般的ではなかった時代、多くの人達は“親”や“家”を意識して、勧められるままの相手と結婚していた。そういう時代でも世間の目を忍び“情熱的な恋愛”をし、最終的には“駆け落ち的な結婚”を選ぶ人たちは居た。そういうカップルに使われた言葉が「自由恋愛」なのだ。最近の芸能界を見ていると、まるで“大昔”に戻ったかのような恋愛・結婚の“暗黙の掟”に翻弄されている方たちが多い。ジャニーズ系の男性たち、AKB48系の女性たち、さらにはCMスポンサーに繋がれている女優たち……女優・剛力彩芽氏と実業家・前澤友作氏との交際が批判を受けているらしい。インスタグラムで投稿した写真が“浮かれている”とか“ファンを無視した”とか言われて、結局、掲載を削除したらしい。独身の男女が、どこに行こうと、何をしようと、自由ではないか。金持ちが“金持らしい”デートをして何がいけないのだろう。それとも、自由に恋愛できなかった“大昔の日本”に戻りたい人たちが多いのだろうか。特に見苦しいのは、苦言を呈したとされる明石家さんま氏や岡村隆史氏だ。二人とも“独身芸人”だが、他人のことをどうこう言う暇があったら、自分自身が“自由に恋愛・結婚”すれば良いだけの話だ。本人たちが“恋愛”よりも“仕事”や“人気”を選ぶのは自由だが、他人にまで押し付けることではない。明石家さんま氏は、フリーとなった加藤綾子アナが“女優業”に進出したことに対しても、自分に黙って役者を始めたと論じたそうだが、大きな“お世話”というものであろう。本来、もっとも“自由を認めなければならない”お笑い界の人々が、もっとも“自由を制限する”ような言動は慎むべきである。私は明石家さんま氏が大好きだからこそ、あえて書くのだ。昨日は、自民党の杉田水脈氏に対しても“殺害メール”が届いたらしい。確かに、杉田氏の論文には問題がある。それはそうなのだが、だからと言って“殺す”のは良くない。そういう形で“自由な発言”を封じようとするのは危険なのだ。「正しい」とか「正しくない」とかで、すべての自由を奪うことよりも、どうすれば妥協しあえる世の中になるか、それを考えていくのが“平和”というものだ。


最近の記事はこちら

「自由&平等」は「責任」の元に与えられる

何かが違う。そんな“違和感”をおぼえるのは私だけなのだろうか。全国各地の“同性カップル”が2月14日に国を相手取り“損害賠償”を求めて一斉提訴するというのだ。つまり、同性婚を認めないのは憲法が保障する…続きを読む

長寿「113歳の顔」の特徴

男性としては「現存する世界最高齢」と昨年ギネスで認定されたばかりの足寄町の野中正造氏が亡くなった。1905年7月25日生まれなので享年113歳だった。前日までは元気にしていたらしい。これこそ“大往生”…続きを読む

本人よりも詳しい「オタク」がいる⁉

最近はどういう分野でも“熱烈ファン”や“追っかけ”や“マニアックなオタク”がいる。そして、それらの人は、その人物のあらゆることを知っている。時には、その本人よりも“詳しく知っている”こともある。驚くべ…続きを読む

ホロスコープは「真実」を告げるか

私は、或る程度、どういうところでは何か書くか、何となくだが決めている。そして、ここでは基本的に「占い」を真正面から扱うことはほとんどしないのだが、今日は“どうでも良いニュース”が多かったので、たまには…続きを読む

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.