今日の迷言・余言・禁言

「自由恋愛(?)」を阻む“大物芸人”

「自由恋愛」=この言葉は、実は“大昔”に日本で使われていた言葉である。まだ、日本では自由に恋愛するということが一般的ではなかった時代、多くの人達は“親”や“家”を意識して、勧められるままの相手と結婚していた。そういう時代でも世間の目を忍び“情熱的な恋愛”をし、最終的には“駆け落ち的な結婚”を選ぶ人たちは居た。そういうカップルに使われた言葉が「自由恋愛」なのだ。最近の芸能界を見ていると、まるで“大昔”に戻ったかのような恋愛・結婚の“暗黙の掟”に翻弄されている方たちが多い。ジャニーズ系の男性たち、AKB48系の女性たち、さらにはCMスポンサーに繋がれている女優たち……女優・剛力彩芽氏と実業家・前澤友作氏との交際が批判を受けているらしい。インスタグラムで投稿した写真が“浮かれている”とか“ファンを無視した”とか言われて、結局、掲載を削除したらしい。独身の男女が、どこに行こうと、何をしようと、自由ではないか。金持ちが“金持らしい”デートをして何がいけないのだろう。それとも、自由に恋愛できなかった“大昔の日本”に戻りたい人たちが多いのだろうか。特に見苦しいのは、苦言を呈したとされる明石家さんま氏や岡村隆史氏だ。二人とも“独身芸人”だが、他人のことをどうこう言う暇があったら、自分自身が“自由に恋愛・結婚”すれば良いだけの話だ。本人たちが“恋愛”よりも“仕事”や“人気”を選ぶのは自由だが、他人にまで押し付けることではない。明石家さんま氏は、フリーとなった加藤綾子アナが“女優業”に進出したことに対しても、自分に黙って役者を始めたと論じたそうだが、大きな“お世話”というものであろう。本来、もっとも“自由を認めなければならない”お笑い界の人々が、もっとも“自由を制限する”ような言動は慎むべきである。私は明石家さんま氏が大好きだからこそ、あえて書くのだ。昨日は、自民党の杉田水脈氏に対しても“殺害メール”が届いたらしい。確かに、杉田氏の論文には問題がある。それはそうなのだが、だからと言って“殺す”のは良くない。そういう形で“自由な発言”を封じようとするのは危険なのだ。「正しい」とか「正しくない」とかで、すべての自由を奪うことよりも、どうすれば妥協しあえる世の中になるか、それを考えていくのが“平和”というものだ。


最近の記事はこちら

日本とは異なる「米ホームレス」の“闇”

昔からそう思っていたがアメリカは“矛盾の多い国”である。その中でもひときわ“矛盾が集約している”のがサンフランシスコという都市だ。今、この都市には街中のいたるところにホームレスがいる。繁華街でテント暮…続きを読む

俄然「横浜」が“熱く”なって来た

日本人はどちらかと言えば保守的な人達が多い。だから“危ないもの”には極力手を出さない。けれども、そういう日本に対して今、海外からの“熱い眼差し”が注がれている地域がいくつかある。IR候補地である。要す…続きを読む

メルカリが日本の「終活」を変える⁉

「メルカリ」という企業については、何となく名前くらいは誰もが聴いたことがあるだろう。ただ実際にはどういう企業なのか、知らない人も多いことだろう。一般的には“フリマアプリ大手”という位置づけである。要す…続きを読む

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

“高齢者”と“独身者”の「ハーフ婚」はいかが⁉

最近、どの調査を見ても「日本」がダントツに“1位”を獲得できるものはなくなってきている。そういう中で、唯一“ダントツ1位”をこれからも維持していけそうなのが、65歳以上の高齢者が占める人口比率であるら…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.