今日の迷言・余言・禁言

「藤井聡太」から「渡部愛」へ

時々“〇〇ブーム”というものが訪れる。意図的なものではなくて、スター的な誰かが登場することで自然発生的に生まれて来るブームだ。そういう意味で「将棋」の世界に突如出現した藤井聡太君は“スター的人物”だったと言える。彼はあっという間に七段まで駆け上がった。そして、それが少年たちの間に“将棋ブーム”というものを出現させた。現代の子供たちは、或る種“ゲーム感覚”で将棋を覚えるのだ。私の父親は将棋が好きでアマの五段だったが「プロの初段には歯が立たない」と言っていた。それくらい、アマとプロとでは実力差が大きいのが将棋世界らしい。一時期、若い人たちからは見向きもされなくなった将棋だが、藤井聡太君の出現で再び勢いを得た。そして、ここに来て“新たな火付け役”となりそうなのが昨日「女流王位戦5番勝負」で見事3勝1敗で里見女王を下し、王位を獲得の渡部愛二段(王位獲得で三段に昇格)なのだ。彼女は24歳で藤井君と比べると若くはないが、そのホロスコープや四柱命式を見ると、今年は“大活躍の年”となっている。だから、多分、次々とタイトルを奪っていくのに違いない。この勢いは来年7月までは続く。その間に一気に“女流タイトル”を奪っていくのが良い。そうやって若くて勢いのある女流が出現し、マスコミの注目を集めることで、これまで比較的乏しかった“少女棋士”たちを沢山誕生させることだろう。この女流棋士にはホロスコープで「グランドトライン」と呼ばれる“惑星同士の正三角形”アスペクトが出現している。こういう人は“運気”を捉まえると一気に駆け上がっていく。社会的な“名誉”や“地位”、そして“人気”や“財産”、さらには“愛する人”までも得ていくのに違いない。ただ“親子関係”に弱点を持っているのと、愛情面でのトラブルに巻き込まれぬよう要注意だ。人気が出ることでスポンサーが付き“CM出演”なども果たす。運命の「グランドトライン」は成功を、幸運の女神たちが“後押しする”アスペクトなのだ。


最近の記事はこちら

「平成駆け込み婚」&「令和婚」と天王星アスペクト

私は基本的に自分の宣伝めいたことを書くのはあまり好きではない。ただ今回は占星学の研究者には参考になるかもしれないので、一応記しておく。月に1回(厳密に言えば現在は2回分)ココロニという占いコンテンツ企…続きを読む

「警察で預かる」と詐欺した巡査長

職業的にみて「絶対にやってはいけないこと」というのがある。例えば、警察官が特殊詐欺に遭いそうになった人のお宅に出向いて行って“詐欺をする”なんて、これはどう考えたって救いようがない。親切そうだった現職…続きを読む

購買率95%男性「お嬢様聖水」は“美容飲料”⁉

最近は“ネーミング”ひとつで同じ商品でも売れたり、売れなかったりする。今、密かに話題となっているのは「お嬢様聖水」だ。別に“成人向け”なわけではない。けれども、一般のコンビニなどではまだあまり置かれて…続きを読む

お手本とすべき「ぱみゅぱみゅ」の言葉

人間には元々“偏見”の強い人と、少ない人とがいる。口では「平等」などと言いながらも、その言動を見ると、とても平等な見方を持っているとは思えない著名人も多い。昨日、私が感心したのは歌手きゃりーぱみゅぱみ…続きを読む

“過去は幻”として選択した「ビートたけし」

私が「こいつはスゴイ‼」と驚いたのは、まだ世間的には「ビートたけし」の名が浸透していない頃であった。何気なく見た番組で吉田拓郎氏がゲストとして呼んだのがTVに出始めたばかりのビートたけし氏であった。そ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.