今日の迷言・余言・禁言

「血」が紡ぎ出す本能と運命

われわれは普段、あまり自分の“血縁”ということについて深くは考えない。例えば私は十五歳の時、母親から「お前は本当は長男なんだよ」と教えられた。けれども、私には、それがどういう意味なのか、本当のところよく分からなかった。ぽかんとしていた。「私の長男は、あなたなのよ」母親はなぜか涙を流した。それでも、私には、それがどういうことなのか、よく分からなかった。母親は父の後妻であった。それを知ったからと言って、私には何の変化もなかった。ただ八歳年上の兄が、別なお母さんの子だったんだと、ぼんやり思っただけであった。実際、その後でも、私の場合は実兄に関して、特別な感情を抱いたことはない。普通の兄弟としての兄でしかない。私は特殊なのだろうか。このほど、日本初の匿名第三者の卵子提供による子供が誕生したという。そして、これから順次、そういう子が産れて来るらしい。ところが、それに対して“異”を唱えている女性がいた。その女性は、匿名の精子提供で産れてきている女性だった。彼女の場合、母親からそれを知らされた時、不安や怒りの感情でいっぱいだったという。父親が無精子症だったということが、許せない気持ちを与えたらしい。彼女は大学院を止め、引きこもったという。やがて同じように“精子提供で産れた仲間たち”を知って、そのトラウマから脱することが出来たのだという。だから理解を示すのではなく、だから反対らしいのだ。卵子の無い母親、精子の無い父親、それらを許せない気持ちになる…或いは、それなのに子供を得ようとしたことが許せないのか。「長男」だといわれて何も感じなかった私は、今、初婚の妻と離婚して長女と逢えなくなったが、その長女は私のことをどう思っているだろう。もし、私の“血”を受け継いでいるなら、特別どうということもなく“変わった人”との印象を抱いているに違いない。


最近の記事はこちら

「情報」や「比較」が倒産・廃業を増やす

あまり大きなニュースにはなっていないが、企業倒産の件数・負債総額とも過去最多ペースで増え続けている。おそらく今のままで進めば、今年の企業倒産は年間400件550億円に達するものと予想されている。この倒…続きを読む

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.