今日の迷言・余言・禁言

「血」が紡ぎ出す本能と運命

われわれは普段、あまり自分の“血縁”ということについて深くは考えない。例えば私は十五歳の時、母親から「お前は本当は長男なんだよ」と教えられた。けれども、私には、それがどういう意味なのか、本当のところよく分からなかった。ぽかんとしていた。「私の長男は、あなたなのよ」母親はなぜか涙を流した。それでも、私には、それがどういうことなのか、よく分からなかった。母親は父の後妻であった。それを知ったからと言って、私には何の変化もなかった。ただ八歳年上の兄が、別なお母さんの子だったんだと、ぼんやり思っただけであった。実際、その後でも、私の場合は実兄に関して、特別な感情を抱いたことはない。普通の兄弟としての兄でしかない。私は特殊なのだろうか。このほど、日本初の匿名第三者の卵子提供による子供が誕生したという。そして、これから順次、そういう子が産れて来るらしい。ところが、それに対して“異”を唱えている女性がいた。その女性は、匿名の精子提供で産れてきている女性だった。彼女の場合、母親からそれを知らされた時、不安や怒りの感情でいっぱいだったという。父親が無精子症だったということが、許せない気持ちを与えたらしい。彼女は大学院を止め、引きこもったという。やがて同じように“精子提供で産れた仲間たち”を知って、そのトラウマから脱することが出来たのだという。だから理解を示すのではなく、だから反対らしいのだ。卵子の無い母親、精子の無い父親、それらを許せない気持ちになる…或いは、それなのに子供を得ようとしたことが許せないのか。「長男」だといわれて何も感じなかった私は、今、初婚の妻と離婚して長女と逢えなくなったが、その長女は私のことをどう思っているだろう。もし、私の“血”を受け継いでいるなら、特別どうということもなく“変わった人”との印象を抱いているに違いない。


最近の記事はこちら

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

「正義」に固執しすぎる時代

最近のニュースには「正義」というものに固執し過ぎているものが多い。特に「絶対正義」だ。その時、正義でも時代が変わることで、正義でなくなってしまうことは少なくない。例えば太平洋戦争の時代、お国のために“…続きを読む

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.