今日の迷言・余言・禁言

「血」は、どこまで受け継ぐのか

アーティスト宇多田ヒカル氏が既に離婚していたことが報道された。2014年2月に謎のイタリア人男性と再婚してイタリアに暮らすと報道された時、誰もがその“行く末”を危ぶんだ。その心配は「やはり…」と思うような形で結実した。けれども、私が思うに、彼女自身は、決して後悔はしていないだろう。むしろ、或る意味で心から「良かった」と思っていることだろう。それは、子供を得ていることである。彼女にとって、それこそが一番の目的だったに違いないのだ。そして、もしかすると、その子は幼くして音楽の才能を発揮する。何しろ「血」を受け継いでいるのだ。父親は、確かロンドンの酒場で出逢ったギタリストだった。それほど売れていなかったとしても、宇多田ヒカル氏が“惚れたギタリスト”なのだ。それなりの腕を持っていたのに違いない。そして母親は言うまでもなく「世界の宇多田」。日本でデビューする以前から、幼くしてアメリカでも評価されていたアーティスト。もちろん、その母親(祖母)は日本で一世を風靡した「藤圭子」。祖父もまた音楽プロヂューサーとして優れた能力を発揮した人物だ。つまり、折り紙付きの血統書。そういう点で「血」というのは受け継がれることが多い。しかも、シングルマザーの家庭で育つのが良い。両親に愛されてぬくぬく育った芸術家より、家庭的にどこか偏りある家で育った芸術家の方が大成する例が多い。そういう点では宇多田ヒカルの家庭は、極めて異様だった。何しろ、宇多田氏と藤圭子氏とは8回も結婚と離婚を繰り返している。“天才演歌歌手”として一世を風靡した藤圭子氏だが、死ぬまで“家庭”に安住することは出来なかった。宇多田氏との前にも、前川清氏とも短い期間結婚していた。同じように、宇多田ヒカル氏も紀里谷和明氏と結婚していた。そうして母親と同じように、27歳で芸能界を休業した。母親はその後はアメリカに渡ったせいもあり、本格的な復帰はしなかったが、宇多田氏の方もロンドンなどに移り住んだが、結局、日本に戻り始めている。母娘とも“似た人生”を歩んでいるだけに、まだ2歳の息子が将来アーティストとして才能を発揮し出した後が少しだけ心配である。母親と同じように、ギャンブルにのめりこむような人生にならなければ良いのだが…。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.