今日の迷言・余言・禁言

「表向きの理由」と「真実の理由」

歌手のSMAPがTVの歌番組二つを「新曲がない」という“表向きの理由”で出場辞退した。私は、だから前に書いたではないか。もう、このグループは昔のSMAPではない。二つに分かれるしかないのだ。ジャニーズ事務所は「SMAPは存続する」と断言したが、“今までの形での存続”とは一言も言ってはいない。マスコミが勝手に“これまで通り”と伝えただけだ。或いは、ファンが勝手に“仲良くなった”かのよう幻想を抱いただけだ。大体、亀裂が世間に知れ渡った状態で“仲良くやってます”的に40代の男性たちが“取り繕う”としたなら、それを“やっぱり一つだったんだ”などと納得する方がどうかしている。それぞれが大人になって、それぞれの個性を発揮し、冠番組も持っているのだから、“幼稚園児のような纏まり”を何故期待するのか、そのことの方が私には不思議である。「昨日の友は今日の敵(ライバル)」で良いではないか。むしろ、その方が自然だと思う。物事には「表向きの理由」が必要である。少なくとも“大人社会”では、それが必要なのだ。だから、それぞれの“もっともらしい理由”を掲げて、世間に提出する。例えば、会社を自ら“退社する”ようなとき、人は必ずしも「真実の理由」ばかりを述べるわけではない。極端なことを言えば“この会社が嫌になったから”とか“この仕事が嫌になったから”では理由にならない。“ライバル企業から誘いがあったから”というのも、表向きの理由としては受け入れがたい。まあ「一身上の都合」という“わけのわからない理由”が一番無難だ。時には「真実の理由」を言いたくても、歯を食い縛って“沈黙”で押し通さなければならない場合もある。そして誰もが、良くも悪くも大人になり「運命」という仮面を身にまとうようになる。 


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.