今日の迷言・余言・禁言

「表向きの理由」と「真実の理由」

歌手のSMAPがTVの歌番組二つを「新曲がない」という“表向きの理由”で出場辞退した。私は、だから前に書いたではないか。もう、このグループは昔のSMAPではない。二つに分かれるしかないのだ。ジャニーズ事務所は「SMAPは存続する」と断言したが、“今までの形での存続”とは一言も言ってはいない。マスコミが勝手に“これまで通り”と伝えただけだ。或いは、ファンが勝手に“仲良くなった”かのよう幻想を抱いただけだ。大体、亀裂が世間に知れ渡った状態で“仲良くやってます”的に40代の男性たちが“取り繕う”としたなら、それを“やっぱり一つだったんだ”などと納得する方がどうかしている。それぞれが大人になって、それぞれの個性を発揮し、冠番組も持っているのだから、“幼稚園児のような纏まり”を何故期待するのか、そのことの方が私には不思議である。「昨日の友は今日の敵(ライバル)」で良いではないか。むしろ、その方が自然だと思う。物事には「表向きの理由」が必要である。少なくとも“大人社会”では、それが必要なのだ。だから、それぞれの“もっともらしい理由”を掲げて、世間に提出する。例えば、会社を自ら“退社する”ようなとき、人は必ずしも「真実の理由」ばかりを述べるわけではない。極端なことを言えば“この会社が嫌になったから”とか“この仕事が嫌になったから”では理由にならない。“ライバル企業から誘いがあったから”というのも、表向きの理由としては受け入れがたい。まあ「一身上の都合」という“わけのわからない理由”が一番無難だ。時には「真実の理由」を言いたくても、歯を食い縛って“沈黙”で押し通さなければならない場合もある。そして誰もが、良くも悪くも大人になり「運命」という仮面を身にまとうようになる。 


最近の記事はこちら

「反則タックル」はプロレスで活かせ!

最近、スポーツ関係での「パワハラ」問題、行政関係での「セクハラ」問題などが報道されることが多い。どのような分野でも“行き過ぎ”“やり過ぎ”は問題なのだが、過度に神経質になって、何でもかんでも「パワハラ…続きを読む

「グランドクロス」を生きる人々

「ピーター」と呼ばれていた池畑慎之介氏がちょっとだけ“休業”し、もう「ピーター」の名は使わないらしい。これを「休業宣言」と受け止めて良いかは疑問だが、とにかく「休み」が欲しくなったのだな…ということだ…続きを読む

「ZOZO」は“世界”へ飛翔できるか

ファッション通販のショッピングサイトとして絶大な人気を誇る「ZOZOTOWN」を運営している株式会社スタートトゥディが6月26日の株主総会で社名変更を決議する。社名も「ZOZO」に変更・統一するという…続きを読む

「二刀流・松坂」が始まる

私が開幕前から予告していたように、中日の松坂大輔投手が「二刀流」で2勝目を挙げた。20日の試合で、その第2打席、第3打席で二打席連続のヒットを放ったのだ。「松坂大輔」といえば、もう“過去の人”だった。…続きを読む

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.