今日の迷言・余言・禁言

「見せるリポート」より「泥臭いリポート」を…

フジテレビの番組で安藤優子キャスターが現地リポーターの女性に、暑さの中で熱中症気味になってしどろもどろの状態での「報告」を執拗に継続させようとしたとして批判を浴びている。この手の番組は多いので、必ずしも彼女が批判されるというより、現地入りさせて何時間も取材させたのち“報告させる”手法そのものに、問題の本質があるよう思われる。臨場感を出すために、その時々の異常な状態を現地取材させるのはニュースやワイドショーにおける定番のやり方だし、そのこと自体が間違っているとは、私は思わない。実際、アナウンサーやリポーターを目指した人の中には、そのいう現地取材や報道をやりたくて報道記者やリポーターを目指した人もいると私には思われる。ところが、多くのニュース番組やワイドショーなどでは、そういう元々が“希望していた人たち”を現地に向かわせたがらない。“見た目的”にというか、“絵面的”にというか、TV画面に登場させると視聴者受けしそうな人物を現地に向かわせがちである。例えば強風の時に、枯れ枝のような細い身体の女性をリポーターとして現地に向かわせる。その方が臨場感が伝わりやすいからだ。もちろんニュースやワイドショーに一般の視聴者が、そこまでの演出を求めているかは疑問である。ただ各局が視聴率で争いを演じている以上、少しでも「臨場感のある取材をしたい」と意気込むのは解からないでもない。問題は人選にあるのだ。日本の場合、リポーターという職業自体が実に曖昧である。アナウンサーなのか、報道記者なのか、タレントなのか、専用リポーターなのか、ほんとうのところよく解からない。時には、キャスターがリポーターを兼ねているケースも多い。本来、危険な現場にも出かけるリポーターはそれなりの訓練とか体力とか素質を供えた人にすべきだし、そういう規定を早く作るべきだ。そうでなければ、そのうち問題になるようなことが必ず起こる。なぜか厳寒の中で「天気予報」をさせる北海道の各局も考え直した方が良い。


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.