今日の迷言・余言・禁言

「覚せい剤入りのお茶?」という“捜査ミス”

覚せい剤で逮捕されたはずのASKA容疑者が不起訴・無罪釈放となった。このニュースどうもおかしい。“陽性反応”が出た尿鑑定に対し、本人が「自分の尿ではない」と主張「お茶を入れたのだ」と言い張って、それを検察側が崩せなかったことで不起訴となってしまったらしい。彼は捜査員に対して、自宅での採尿であれば応じる…ということで自宅トイレで採尿したらしい。通常は、その場合でも不正がないか確認しながら行われるらしいのだが、今回は“その部分”が甘かったようなのだ。そうでもなければ「お茶を入れた」という不自然な言い訳がまかり通るわけがない。しかも、その“お茶”から陽性反応が出るなど誰が考えたっておかしい。“覚せい剤入りのお茶”が売られていて、それが自宅のトイレに置いてあって、おしっこの時に股間の下で注ぎ入れました…なんて面白すぎだろう。けれども、そんな“面白い話”でも、それを反証できなければ、不起訴にせざるを得ない。ASKA容疑者は「自分を信じてくれてありがとう」とファンに述べたようだが、本当に自宅で採尿をし、それから陽性反応が出て、それを“お茶”と主張しての釈放ならば“限りなく黒に近い灰色”で「信じる」などというレベルではない。そこで、もう一つ考えられるのは、彼は実際に自宅で採尿をしたが“陰性反応”だった場合だ。この場合なら「信じてくれてありがとう」は理屈が通っている。しかも、この場合は“誤認逮捕”ということになる。自宅などから“吸引機”などの証拠品が出て来ると期待しての逮捕が、実際には何も出てこなかった。そうなると“陽性反応”でなければ逮捕はできない。そこで“陽性反応”ということにしたが、彼がかたくなに“使用を認めなかった”ので、裁判に持ち込んだ場合、明らかに誤認逮捕だったことが問題となるので、今のうちに不起訴とした…どちらが真実なのだろう。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.