今日の迷言・余言・禁言

「覚せい剤入りのお茶?」という“捜査ミス”

覚せい剤で逮捕されたはずのASKA容疑者が不起訴・無罪釈放となった。このニュースどうもおかしい。“陽性反応”が出た尿鑑定に対し、本人が「自分の尿ではない」と主張「お茶を入れたのだ」と言い張って、それを検察側が崩せなかったことで不起訴となってしまったらしい。彼は捜査員に対して、自宅での採尿であれば応じる…ということで自宅トイレで採尿したらしい。通常は、その場合でも不正がないか確認しながら行われるらしいのだが、今回は“その部分”が甘かったようなのだ。そうでもなければ「お茶を入れた」という不自然な言い訳がまかり通るわけがない。しかも、その“お茶”から陽性反応が出るなど誰が考えたっておかしい。“覚せい剤入りのお茶”が売られていて、それが自宅のトイレに置いてあって、おしっこの時に股間の下で注ぎ入れました…なんて面白すぎだろう。けれども、そんな“面白い話”でも、それを反証できなければ、不起訴にせざるを得ない。ASKA容疑者は「自分を信じてくれてありがとう」とファンに述べたようだが、本当に自宅で採尿をし、それから陽性反応が出て、それを“お茶”と主張しての釈放ならば“限りなく黒に近い灰色”で「信じる」などというレベルではない。そこで、もう一つ考えられるのは、彼は実際に自宅で採尿をしたが“陰性反応”だった場合だ。この場合なら「信じてくれてありがとう」は理屈が通っている。しかも、この場合は“誤認逮捕”ということになる。自宅などから“吸引機”などの証拠品が出て来ると期待しての逮捕が、実際には何も出てこなかった。そうなると“陽性反応”でなければ逮捕はできない。そこで“陽性反応”ということにしたが、彼がかたくなに“使用を認めなかった”ので、裁判に持ち込んだ場合、明らかに誤認逮捕だったことが問題となるので、今のうちに不起訴とした…どちらが真実なのだろう。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.