今日の迷言・余言・禁言

「解離性同一性障害」という名の“やっかいな病”

誰でも時々自分の中に“別人格”がいるのではないか、と思うような“奇妙な言動”を起こすことがある。むしろ、そのくらいの方が“人間らしくて”よろしい。ただ“犯罪の域”まで行っちゃうと、これはアウトだ。その典型が「声優のアイコ」の犯罪だ。被害者を睡眠薬で眠らせ、その間に現金を奪うという“こん睡強盗”だ。その被害総額2,755,000円というから完全にセミプロである。弁護側は「解離性同一性障害」という“やっかいな病名”をつけ、別人格の“女性”が行った犯罪で、本人には責任能力がない、ということで争った。結果、それは認められず、懲役10年の判決が下った。実は、私が解らないのは、本人が“本当は女性”で、日常生活は“男性”として生活し、犯罪の時だけ“女装”している、というその部分だ。多分、このニュースが犯罪以上に注目されたのは、犯人の性別が“どっち”なのか、よく解からないという、その部分にあった。多くの人は、最初、本人は“女装の巧みな男性”なのだと思っていた。「神いっき」という名前からも、そうであるかに思えた。ところが実際は女性で、けれども普段は“男装”をし、犯罪の時だけ“女装する”という解りにくい形が、その正体を不明なものにして、摘発を遅らせていたことは間違いがない。そういう意味では“推理小説的な知能犯”なのだ。ただ本人が「性同一性障害」であったこともほぼ事実で、公判でもずっと「俺」と自分を名乗っている。つまり日頃から男性として生きているが、満足な収入を得られず、仕方なく“女の武器(女装)”を使って犯罪を重ねていたことになる。ここの部分が、今一つ解かりにくい。自分が嫌っている“女装”をしなければ行えない“仕事(?)”をなぜ続けたのか。それこそ“別人格が行わせた”とでも考えなければ、理解しにくい。宝塚の男役で通してきた女性が、退団後に“女装し脚光を浴び”ているのに、私生活は“男であり続けている人”…どうか、その“謎”を教えて!


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.