今日の迷言・余言・禁言

「語学留学」という“危険な罠”

カナダのバンクーバーに語学留学をしていた古川夏好さんが遺体で発見された。この事件が報道されてすぐ、私は「この一言で救われる」の方で、遺体で発見される可能性が強いこと、男性が絡んでいる可能性が強いことなどを指摘した。もっとも、発見場所は“水辺付近”と見たので、その点は違っていた。ここでは、その占い結果についてはどうでもよい。問題は、彼女が昔から“留学”や“海外生活”を夢見ていて、その長年の希望が叶っての“3か月の短期留学”だった期間を過ぎ、“1年半のワーキングホリディー”に変更しようとしていた矢先の出来事だったという点だ。つまり、彼女は当初の目的を果たし、そのまま帰国すれば事件に巻き込まれることなく戻れたのに…という点である。彼女は「人懐っこく明るい性格」だと誰もが評している。ここが危険なのだ。日本人で“人懐っこい女性”は、世界各地の“犯罪者たち”にとって、もっとも“狙いやすいタイプ”となってしまう。残念ながら、日本人は“警戒心の乏しい土壌”で育っている。周囲にも、悪いことをする人間が少ない地域で“開放的に育っている”と、どうしても疑うことを知らずに人と接してしまうのだ。「語学留学」や「ワーキングホリディー」は、その何となくのイメージにあこがれて、よく調べもせずに決行してしまう人が多い。彼女の場合でも、初めてなのに「シェアハウス」を選んでいる。ここに、彼女の“警戒心の乏しさ”が感じられる。海外でのシェアハウスは、もう少し経験を積んでからでないと、危険がいっぱいなのだ。実践的な英語を身に着けようとしていたのかもしれないが、基礎さえ身につけば、今なら日本に帰ってからでも勉強の方法はいろいろとあるはずだ。焦りすぎが、警戒心を完全に失わせてしまっていた。ホームレスだという犯人が“牙を剥き始めたとき”気付かず、会話することに夢中になっていた様子が窺われる映像は、あまりにも悲しい。


最近の記事はこちら

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

超アウトな「わいせつ罪」の施行

世の中にはいろいろな趣味・嗜好の人がいて、最近はいろいろな“わいせつ犯罪”が報道されるので、滅多なことでは驚かなくなった。そういう私でも“超アウト”に感じたのが今回の逮捕劇だった。静岡県で起きた父親が…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.