今日の迷言・余言・禁言

「語学留学」という“危険な罠”

カナダのバンクーバーに語学留学をしていた古川夏好さんが遺体で発見された。この事件が報道されてすぐ、私は「この一言で救われる」の方で、遺体で発見される可能性が強いこと、男性が絡んでいる可能性が強いことなどを指摘した。もっとも、発見場所は“水辺付近”と見たので、その点は違っていた。ここでは、その占い結果についてはどうでもよい。問題は、彼女が昔から“留学”や“海外生活”を夢見ていて、その長年の希望が叶っての“3か月の短期留学”だった期間を過ぎ、“1年半のワーキングホリディー”に変更しようとしていた矢先の出来事だったという点だ。つまり、彼女は当初の目的を果たし、そのまま帰国すれば事件に巻き込まれることなく戻れたのに…という点である。彼女は「人懐っこく明るい性格」だと誰もが評している。ここが危険なのだ。日本人で“人懐っこい女性”は、世界各地の“犯罪者たち”にとって、もっとも“狙いやすいタイプ”となってしまう。残念ながら、日本人は“警戒心の乏しい土壌”で育っている。周囲にも、悪いことをする人間が少ない地域で“開放的に育っている”と、どうしても疑うことを知らずに人と接してしまうのだ。「語学留学」や「ワーキングホリディー」は、その何となくのイメージにあこがれて、よく調べもせずに決行してしまう人が多い。彼女の場合でも、初めてなのに「シェアハウス」を選んでいる。ここに、彼女の“警戒心の乏しさ”が感じられる。海外でのシェアハウスは、もう少し経験を積んでからでないと、危険がいっぱいなのだ。実践的な英語を身に着けようとしていたのかもしれないが、基礎さえ身につけば、今なら日本に帰ってからでも勉強の方法はいろいろとあるはずだ。焦りすぎが、警戒心を完全に失わせてしまっていた。ホームレスだという犯人が“牙を剥き始めたとき”気付かず、会話することに夢中になっていた様子が窺われる映像は、あまりにも悲しい。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.